テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

中山美穂、テレ朝ドラマに30年ぶり出演決定!新社屋に初めて入り「新人のような気分」

波瑠が演じる肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木京香演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚の爽快ミステリードラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系)。

4月19日(木)に放送される同作第1話のメインゲストとして、中山美穂が出演することが決定した。テレビ朝日のドラマ出演は、単発ドラマ『ミスマッチ』(1988年放送)以来30年ぶりだ!

©テレビ朝日

このたび撮影に参加した中山は、「テレ朝の新社屋(※2003年完成)に入ったのも今回が初めてで、新人のような気分になりました(笑)」と感慨深げ。

30年前の自身については、「ドラマも掛け持ちするほど、本当に忙しかった時期で…。当時は等身大の役が多かったので、演じるというよりも、なるべく自然にいられるように…という思いで、女優業に取り組んでいましたね」と懐かしそうに振り返る。

今回中山が演じるのは、10年前の未解決事件で殺された人気ミステリー作家・嶋野泉水という役柄。中山は、「泉水は10年前に殺された女性ではありますが、作家ということもあり、自分の信念を持って強く生きた女性を表現できれば」という思いで取り組んだといい、その熱演に注目だ。

なお、泉水の夫・山本則夫役で渡辺いっけい、泉水の元担当編集者・新海雄二役で半海一晃もゲスト出演する。

 

◆中山美穂(嶋野泉水・役)コメント

「イメージ通り素敵な女性である波瑠さんや鈴木京香さんをはじめ、素晴らしいレギュラー陣がそろったドラマの初回に呼んでいただいて、うれしかったです。

しかも、文字で未解決事件を解決するというコンセプトにぴったりな、ミステリー作家の役を与えていただけるなんて…! 私が演じる泉水は10年前に殺された女性ではありますが、作家ということもあり、自分の信念を持って強く生きた女性を表現できればな、と思いました。

テレビ朝日のドラマに出演するのは30年ぶりです。テレ朝の新社屋に入ったのも今回が初めてで、新人のような気分になりました(笑)。

実は、30年前はドラマも掛け持ちするほど、本当に忙しかった時期で…。ただ、監督が私の大好きだった吉田啓一郎さんだったので、すごく楽しかった記憶があります。当時は等身大の役が多かったので、演じるというよりも、なるべく自然にいられるように…という思いで、女優業に取り組んでいましたね。

でも、あれから30年経った今は、想像に想像を重ねながら、別人になりきって役を演じることを楽しんでいます。自分とまったく違う人間であればあるほど楽しいですね。

私が女優をやっていて一番うれしい瞬間は、出来上がった作品を見てくれた人が喜んでくれたり、感動してくれたりしたとき。ですから、自分からも時々、皆さんの反応をリサーチして、それを励みや今後の糧にしているんです。

この先の30年も、できれば一生、演じ続けたい! いろんな経験を積みながら、年相応の俳優に成長していきたいです」

※番組情報:『未解決の女 警視庁文書捜査官
2018年4月19日(木)スタート! 毎週木曜日 午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1