テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「元気付けられた」北斗晶の乳がん闘病時、黒柳徹子が送った写真と手紙とは?

1月29日(月)から「43年目突入スペシャル」と題して送る『徹子の部屋』。

29日放送の同番組には、佐々木健介・北斗晶夫妻が巨大なお土産を持って登場し、43年目突入をお祝いする。

©テレビ朝日

『徹子の部屋』が始まった頃の2人は、まだ小学生。当時の写真を見ながら思い出話に花が咲く。

そんな2人は、今年6月で結婚23年を迎える。北斗は、長男・健之介くんを出産した後、育児をしながらプロレスに復帰した。その健之介くんが今年20歳になるという。

「自分たちが20歳の頃はプロレスラーとしての修業で忙しく、成人式に写真を撮ることができなかった。だから息子たちには羽織袴を着せてあげたい」と親の顔を覗かせる場面も。

©テレビ朝日

また、北斗は2015年に乳がんの手術を受けて以来、今も治療を続けている。一時は治療に専念するため休業していたが、その間多くの人に元気付けられたという。黒柳徹子もその1人だったそうだ。

北斗は黒柳から届いた写真と手紙を持参し、乳がん闘病時の家族秘話を語る。

※番組情報:徹子の部屋
2018年1月29日(月)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1