テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「自分を嫌うことは他人も傷つける」新進女優・森川葵が気づいた一番大切なこと

作品ごとに違う顔を見せると評判の新進女優・森川葵

モデルとしての活動だけでなく、映画やドラマなど数々の作品に出演し、役者としても高い評価を得る彼女が、現在テレビ朝日で放送中の土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』で丹野香を熱演している。

©テレ朝POST編集部/撮影:長谷英史

森川が演じる丹野香は、自身のセクシャリティーに悩みを抱え、昼は工事現場で男っぽく、夜はフェミニンな装いに身を包みガールズバーで働きながら自分の性的アイデンティティーを探している。

兄妹のようにともに育ってきた松尾亮(市原隼人)に好意を抱いているが、それが女性としての恋心なのかがわからず苦しんでおり、自分のことを「ボク」と呼ぶ。

©明日の君がもっと好き

テレ朝POSTでは今回、森川葵にインタビューを実施。彼女に、役作りでの苦労や、香を演じるときの心境などを聞いてきた。

◆揺れる気持ちを“爪”で表現!

——森川さんはモデルとしてデビューされ、現在は役者としても活躍されています。いきなりですが、初めて受けた役者のオーディションのことは覚えていますか?

森川:「『洋服屋さんで、友達と目の前の商品を買うか話し合う』。そんなお芝居をするオーディションでした。

そのオーディションが行われたのは私が事務所の社長に初めて挨拶する日。初めて事務所へ行く直前に参加したのを覚えています。ちなみに、オーディションの手応えはダメダメでした…(笑)」

——その後、森川さんは役者としての頭角をあらわし、数々の映画やドラマに出演されてきました。いまでは、色々な役を演じきることができる“カメレオン女優”とよばれ、高い評価を得ています。これまでさまざまな個性の異なる役柄を演じてこられたと思いますが、いままで役作りで苦労した経験はありますか?

森川:「役作りで苦労した経験は、あまりないですね。私、いつも役をすごく作り込んだりしないんです。

作品ごとの撮影現場の雰囲気に合わせるようにしていて。原作がある作品だったらそれに寄せて、オリジナルだと自分なりの解釈で演じるようにしています。

©明日の君がもっと好き

©明日の君がもっと好き

森川:「でも今回は複雑なキャラクターなので、台本のなかの(丹野)香は自分自身でも男性と女性どっちが好きなのか、イマイチわかっていなくて…。彼女の感情が読みとりづらくなっています。

それを踏まえて、今回はその迷いをそのままゴチャ混ぜにして演じようと思いました。実は、その迷いみたいなものを表現するために、香の爪に少し“細工”をしています。

彼女、爪は短く切っているけど、マニキュアは塗っているんです。その細かいところで、香の“揺れる気持ち”を表現してみました」

◆森川葵が人生で一番大切にしているのは…?

——現在出演中の『明日の君がもっと好き』では、“想定外”なことがつぎつぎと起こる点もドラマの魅力のひとつになっています。最近、森川さんに起こった“想定外の出来事”は何かありましたか?

森川:「流れに身をまかせて生きているので、あまり“想定”していることがないんですよ(笑)。だから、想定外がないのかもしれないですね…。

でも最近、高校生のころ一番仲の良かった友達が、私の(東京の)自宅から徒歩5分のところに引っ越してきたのは想定外でした!しかも、そのお家は友達が決めたんじゃなくて、その友達のお母さんが勝手に決めたところだって聞いてビックリしました(笑)」

——それはビックリでしたね(笑)。つづいてもうひとつ、本作のテーマに関してお伺いします。本作では“人生に一度だけの大切な恋”も大きなテーマとなっています。森川さんが一番大切にしていることは何ですか?

森川:「私、自分が好きじゃないんですよ…。でも最近、自分が自分のことを大事にしないといけないって、やっと気づいたんです。なので、最近は自分を大切にするようにしています。

それまでずっと『自分なんて…自分なんて…』って本当に思っていたし、実際そう口にしてきたんです。

でも、そうやって自分のことをネガティブに捉えていると、私のことを良いと思ってくれている人まで否定して、傷つけてしまうことに気付いたんです。

幸いにも周りには、私を認めてくれる人もいるから、その人たちを大切にするという意味も込めて、自分自身を大切にしていこうと思いました」

——そうして考え方を変えられてから、何か変化はありましたか?

森川:「ちょっとだけ楽になりました。これまで、まったく自分を認めてあげられなかったというか。それによって『自分はこれでいいんだ』と、自分で自分のことを認めてあげられるようになりました。

それまで『何で自分はここにいるんだろう…?』って考えたりして、超ネガティブだったんですよ(笑)。

考え方を変えてからは、普段の生活が楽しくなりました。『自分がこういう生き方なんだから、これでいいんだ!』と自分を肯定できるようになったので、より自由に生きられるようになりました」

◆ドラマでは「本当に想定外のことがつぎつぎと起こる」

——では最後に、ドラマの見どころを教えてください。

森川:「このドラマでは、本当に想定外のことがつぎつぎと起こるんです。それに、登場人物のみんなが悩みを抱えていて“普通”じゃないんですよ。

でも、日常生活では“普通”じゃないことって、結構当たり前のように起こるじゃないですか。その“普通”じゃないとこを視聴者の皆さんに楽しんでもらえればと思います。

あと、劇中では最近の若い人たちが使わないような、少し昔のドラマを思い出させるようなセリフの使い方や、会話がよく出てきます。

なので、若い視聴者の方にはそれを新しいと感じてもらえるし、上の世代の皆さんには懐かしいと感じてもらえると思います。なので、幅広い世代の人たちに楽しんでもらえるドラマだと思います」

※ドラマ『明日の君がもっと好き』第1話は、テレ朝キャッチアップで無料配信中!(期間限定)

※番組情報:土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』第2話
2018年1月27日(土)23:20~0:14、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1