テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

【世界ラリー(WRC)】第4戦ラリー・フランス デイ1(SS1~4)結果

現地時間の4月7日、FIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦「ラリー・フランス」のデイ1(SS1~SS4)が行われた。

地中海に浮かぶコルシカ島。島内を走るコースは、「直線が200メートルもない」と言われるほどコーナーが続くターマック(舗装路)だ。

初日トップに立ったのは、前戦の「ラリー・メキシコ」で勝利したシトロエンのクリス・ミーク。SS1・2・4と3つのSSで最速、SS3も2位だった。

続くのは、チャンピオンのセバスチャン・オジェ(フォード)で、SS3はで最速をとるも、他のSSはすべて2位で総合順位も2位。そして総合3位には、すべてのSSで3位だったヒュンダイのティエリー・ヌービルが続いた。

トヨタは、1日を通じてマシンのアンダーステアに悩まされたエースのヤリ‐マティ・ラトバラが6位。

チームメートのユホ・ハンニネンは、SS1の終盤に走行中のマシンがコーナーで大きく膨らみ、橋にぶつけてしまう。この衝撃でステアリングアームが曲がりストップ。さらにマシン右後輪周辺で火災も発生して大きく出遅れた。これが原因でSS2はスタートが切れず、デイリタイアを選択。マシンを修理して2日目からのラリー復帰を狙う。

なお、RC1の1~10位までの結果は以下の通り。

LINE はてブ Pocket +1