テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

注目は“コットン”のシーン!高島礼子主演の新作ミステリー『電卓刑事』登場

毎週日曜日の朝に上質なミステリー作品を放送しているテレビ朝日のドラマ枠「日曜ワイド」。12月17日(日)の同枠では、電卓を片手に事件の捜査に挑む女性刑事が活躍する新作ドラマ『電卓刑事』が放送される。

本作の主人公は、高島礼子演じる京都府警捜査一課の刑事、“どけちか”こと土家千佳(つちや・ちか)。捜査一課に来る前は会計課に所属しており、いわゆる“経理畑”が長かったこともあって何でも“お金”に換算して考えるのがクセの変わり者刑事だ。

©テレビ朝日

そして、そんな千佳とコンビを組むのは、宅間孝行演じる千佳とは真逆の浪費家刑事・甲斐杉也(かい・すぎや)

©テレビ朝日

いつもケンカばかりしているこの凸凹コンビが、アンティークショップで起きた強盗事件、そして殺人事件の捜査に挑む。

そんな2人が「テレ朝POST」の事前取材で共通して挙げた注目のシーンが、“コットン”がカギとなる場面

笑えて、また千佳の“天才的”ともいえるお金への勘が発揮されるこちらのシーン。一体どんな展開になっているのか、注目だ!

 

◆あらすじ

京都府警捜査一課の土家千佳(高島礼子)は、会計課から異動してきた女刑事。経理畑が長かったことと過去の境遇から、あらゆる事象を“お金”に換算して考えるのがクセで、常に電卓を手放さない。コンビを組む刑事・甲斐杉也(宅間孝行)は、千佳とは真逆の浪費家で、2人は「金の使い方がわかっていない」とケンカばかりしている。

©テレビ朝日

そんなある日、アンティークショップで強盗事件が発生、犯人の男・滝森啓介(住田隆)は人間国宝の陶芸家・南川万雪(品川徹)作の2000万円の茶碗を強奪したものの、逃走に失敗し、客の日枝野翔子(黒川智花)と従業員の野口雅伸(六角慎司)を人質にとって立て籠っていた。

現場に駆けつけた捜査一課主任・古城良夫(螢雪次朗)や甲斐が説得を試みるも、犯人はかえって逆上。見かねた千佳は電卓を手に取り、たとえ奪った茶碗を2000万円で売ったとしても、それだけでは一生暮らせないことを事細かに計算し、自首して人生をやり直したほうが得だと、滝森を説得。すると、滝森は戦意喪失し、ナイフを捨てて投降した。

これで一件落着かと思いきや、直後、なんとアンティークショップの奥にある通路で店長・夏目麻沙美(柴田浩子)の刺殺体が見つかったため、千佳たちは驚愕! 強盗事件を通報した麻沙美は、店の裏口から逃げようとして、途中の通路で刺されたのだろうか…!? 奇妙なことに、麻沙美はなぜか仕入れたばかりの南川万雪作の壺を抱えて倒れていた。

立てこもり事件の裏で発生していた殺人事件…。事件が重なったのは偶然なのか、それとも計画の一部なのか…!? 犯人は人質の中にいるのか、それとも…!?

©テレビ朝日

「お金はすべてを知っている」と信じる千佳は手はじめに店の帳簿を確認するが、はたしてそこから浮かび上がってくるものとは…!?  その後、狙われた茶碗には、ある“秘密”が隠されていたことが判明して…!? 千佳と甲斐の凸凹コンビが、事件を金に換算しながら、意外な真実を突き止めていく…!

※番組情報:日曜ワイド『電卓刑事』
2017年12月17日(日)午前10:00~11:50放送、テレビ朝日系24局 (※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事