テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

遂に最終回!玉森裕太の特異体質、そして父親の死の真相が明らかに!【重要参考人探偵】

玉森裕太主演の金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』が12月8日(金)、いよいよ最終回を迎える。

©テレビ朝日

主人公・弥木圭(玉森)は、“なぜかいつも死体の第一発見者になってしまう”という不幸体質の男。

そんな特異体質のせいでこれまで何度もピンチに陥ってきたが、己の身の潔白を証明するため、“火事場のバカ推理”を発揮し事件を解決へと導いてきた。

第7話では、忘れてしまっていた“父親の死”の記憶が戻った圭。その事件の真相を探るため、情報を持っていると思われるフリージャーナリストに会いに行くが、またもや事件に巻き込まれてしまう…。

20年前、父親はなぜ殺されてしまったのか? そして、圭が「死体の第一発見者」になってしまう理由とは? すべての謎が明らかになる!

 

◆最終話 あらすじ

©テレビ朝日

自分自身の過去について、大きな鍵を握るフリージャーナリストの織居和彦(瀬野和紀)から呼び出された圭(玉森裕太)。しかし指定された場所へ向かうと、そこには瀕死の織居が…!

「警察には絶対渡すな」と言われ、謎の鍵を渡されるが、織居はそのまま絶命。またしても死体の第一発見者となってしまった圭は、これまでにない厳しい状況に…。

©テレビ朝日

今度こそ重要参考人として連行されてしまうと考え、その場から逃げ出す決意をする。しかし、警察から追われることになってしまい、斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)の助けを借り、事務所に身を隠すことに…。

©テレビ朝日

そもそもなぜ死体の第一発見者になってしまうのか――それを知るため、あらためて自分の生い立ちを調べようと動き出す圭。しかし、自分の過去と父親の死に秘められた真実を前に、主計(かとうかず子)、古仙淳(西岡德馬)、吉倉清司(松平健)までも巻き込んだ最大の謎が立ちはだかる!

©テレビ朝日

登一学(豊原功補)も、ある不審な事実に気がつき、捜査をすすめていたが、独自で動いていた果林(新木優子)には魔の手が…。そんな中、圭は自分自身を試される究極の状況に追い込まれてしまう…!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』最終話
2017年12月8日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1