テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

三浦春馬&黒木メイサ、『オトナ高校』撮了で「素敵でした!」とお互いを賞賛

深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”『オトナ高校』が、ついにクランクアップをむかえた。

©テレビ朝日

『オトナ高校』のラストシュートに臨んだのは、イケすかないエリート童貞を憎めない演技で体現してきた主演・三浦春馬と、謎の思考回路を持つ永遠のスペア処女・園部真希に見事なリアリティーを吹き込んできた黒木メイサ。12月9日(土)放送の最終話中盤で訪れる“同棲生活解消”という局面を実に『オトナ高校』らしい演技で表現し、撮影最終日を締めくくった。

そんな三浦と黒木をねぎらうべく、きわどい言葉連発のエロ小悪魔教師・姫谷さくらを体当たりで演じた松井愛莉も、サプライズで現場に出現。遠慮がちにスタッフのなかに紛れ込む松井の姿を見つけた三浦は「あれ? 来てくれたんだ!ありがとう!!」と頬をほころばせたそうだ。

©テレビ朝日

無事に撮影を終えた三浦は「本っ当に楽しい現場で、3カ月があっという間に過ぎていきました! 素晴らしいスタッフ、力を持ったキャストの皆さんが、新しい芝居へチャレンジする勇気を育ててくれた3カ月間でした。感無量で言葉にならないんですけど…本っ当に感謝しています!!」と清々しい笑顔であいさつ。監督と二度も熱いハグをするなど、『オトナ高校』への愛を全身ににじませた。

また、黒木も「斬新な作品に関わることができて、本当に嬉しかったです。素晴らしい英人座長に引っ張られて、熱い現場でした」と撮影現場を回顧。

さらに、黒木から「三浦春馬は本当に童貞なんじゃないか、と私は思っております(笑)。それくらい素敵な英人でした!」と最高の誉め言葉で称えられると、三浦も「スペアさんも本当に素敵でした!」と声を弾ませ、別れが惜しいとばかりに談笑に興じていた。

◆感動と驚愕のクライマックスへ!

キャストたちが果敢に新境地を拓いてきた『オトナ高校』も12月9日(土)の放送をもって、ついに最終回! 

英人と真希、55歳ED童貞・権田勘助(高橋克実)、そしてエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)の絡みまくる四角関係はどんな形に収束するのか?

そして、5人の子持ちシングルファーザーで亡き妻を忘れられない熱血毒舌教師・山田翔馬(竜星涼)をめぐる、引きこもりオタク処女・斑益美(山田真歩)と同性愛に悩む筋肉童貞・川本・カルロス・有(夕輝壽太)の恋のバトルの行方は…!?

“周回遅れの青春ドラマ”が放つ感動と驚愕のクライマックス!オトナだけどコドモな英人たちが最後に見出すそれぞれの道は必見だ。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『オトナ高校』最終回
2017年12月9日(土)午後11:05~午後11:59、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1