テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「より人間味溢れるキャラクターに…」原作者・絹田村子、玉森裕太の演技を称賛!【重要参考人探偵】

玉森裕太が「なぜかいつも殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者になってしまう」という特異体質を持ったイケメンモデル役に挑戦している金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』

コメディータッチのミステリー作品となっている本作では、玉森扮する主人公・弥木圭が、モデル仲間の周防斎(小山慶一郎)やシモン藤馬(古川雄輝)、そして刑事になった元カノの早乙女果林(新木優子)らとともに事件を解決していく姿が描かれている。

テレ朝POST編集部では、これまで本作の裏側エピソードを紹介してきたが、今回はついに原作者・絹田村子が登場! ドラマ化が決定した時の気持ちや、実際にドラマを見て感じたことなど、いろいろなことを語ってくれた。

 

◆原作者・絹田村子のお気に入りシーンは?

©テレビ朝日

——ドラマ化が決まった際の気持ちを教えてください!

絹田:「まずは非常に驚きました。『なるかもしれない』というお話は伺っていたのですが、ならない場合も多いので、決定した時は『本当になるんだ…』とびっくりしたのを覚えています。そして、キャラクターたちをリアルに見られることに嬉しい気持ちでした」

——ドラマの撮影現場も見学なさったと伺いました。その時の感想やエピソードなどはありますか?

絹田:「あんなに大勢の方が関わってくださっているのを知り、ありがたい気持ちになりました。スタッフの方がそれぞれの仕事に真剣に取り組んでおられ、それを直に感じることで私も頑張ろうと思いました。

本番はピンとした空気でしたが、合間では和やかな空気が流れていて、それをずっと見ていたい気分でした。

ドラマのシーンでは出演者さんたちしかいないように見えますが、案外すぐそばにたくさんの人が隠れていたりして、映像の妙でした。実際、私も隠れていました(笑)」

©テレビ朝日

——ドラマをご覧になって、気に入っているシーンやおもしろかったエピソードはありますか?

絹田:「挙げるとキリがないのですが…。細かいところも結構“漫画のまま”という点が、原作者としてはお気に入りのところです。

第一話の冒頭、圭が落下した人を見てしまう時に周りにいたのが割烹着姿の店員さんだったのですが、『そこまで再現してくださったんだな』と嬉しかったです。

また、斎がお見合い相手からもらっていたブックカバーも、漫画よりもっと高い完成度で作られていて感動しました!

ドラマオリジナルという点で言うと、ジムのシーンと、(滝藤賢一演じる)浪江社長とのお喋りにはかなり笑わせてもらっています。美顔ローラーでコロコロする圭が見られるとは思いもしませんでした(笑)

あとは圭の時間稼ぎタイムですね。毎回事件の内容に絡めた方法で、『考えるの大変だったのでは…!』と思いつつ、楽しく見させてもらっています」

 

◆玉森、小山、古川の演技から刺激!

©絹田村子/小学館

——スタッフからは「原作の圭、斎、シモンの雰囲気、関係性、キャラクター性をドラマ版でもとても大切にしている」という声がありました。絹田さんから見た“ドラマ版のイケメン3人組”はいかがですか? キャラクターを演じている玉森さん、小山さん、古川さんそれぞれへの印象などもあればお聞かせください。

絹田:「ドラマの3人組は、一視聴者としてもとても楽しくおもしろく観させてもらっていますし、お三方の役への取り組みに関しては、いろいろな記事で拝見しておりました。

玉森さんは死体を発見するたびに、リアクションをそれぞれ変えてくださっていて…。

さらに、今までずっと第一発見者になってきたという“圭の気持ち”も汲みながら演じてくださり、苦悩しつつも事件を解決する、より人間味溢れるキャラクターになっていたのが印象的でした。

小山さんはミステリーマニアの斎を演じてくださっていますが、“セリフ回し”をいつも楽しく見させていただいています。

斎はやや仰々しい物言いをするキャラなのですが、『斎が現実にいたら、こんなテンションで喋っているのだろうな』と、それをナチュラルに感じさせてくださる勢いをお持ちだなと思いました。

古川さんはシモン役のため、体をより鍛えてくださったことに感動しました! また、今までにない役と伺いましたが、それを微塵も感じさせないテンションで、殺人事件の中にも柔らかさを足してくださっているなと感じました。

『現実にいたらこんな風になるんだ』と改めて役者さんたちのパワーと存在感に驚かされるばかりで、私の気付かなかった彼らの一面も感じられましたし、とても刺激になりました」

 

◆明かされていく“圭の真相”にも注目!!

©テレビ朝日

——ドラマが放送されてから、ご家族やご友人など、まわりの方からの反応はいかがですか?

絹田:「脚本の黒岩(勉)先生のおかげで、ミステリー部分がよりしっかりしたねと言われました(笑)。あとは斎の外見の再現度の高さがすごい、社長おもしろいと言われました」

——それでは最後に、視聴者のみなさんに向けてメッセージをお願いします!

絹田:「ミステリーコメディということで、殺伐とした中にもクスッとなるようなところを入れてくださって、それが体現されたドラマになっていると思います。

これからドラマはどんどんと圭の真相にも触れて行くことになるのですが、みなさん最後まで見届けていただけると嬉しいです!」

原作者・絹田村子も語る通り、今後さらに“圭の過去”が明らかになっていく! 圭はなぜこんなにも死体を発見してしまうのか? そして、“火事場のバカ推理”を発揮できる理由は? 今後の展開からも目が離せない!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』第6話
2017年11月24日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1