テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

玉森裕太の謎の鍵を握るのは…かとうかず子&大澄賢也?!『重要参考人探偵』新章スタート

玉森裕太演じる主人公・弥木圭の“史上最もかっこいい時間稼ぎ”によって繰り広げられる謎解きが話題の本格ミステリードラマ『重要参考人探偵』

©テレビ朝日

11月17日(金)に放送される第5話では、圭の知られざる過去にまつわるエピソードが登場。そしてその重要な鍵を握る人物としてかとうかず子大澄賢也の出演が決定した。

 

◆圭の母親と、記憶の中の謎の男が登場

玉森演じる主人公・弥木圭は「なぜかいつも死体の第一発見者となってしまう」という特異体質の持ち主。これまで様々な難事件に直面し、自身の潔白を証明せざるを得ない状況に陥ってきた。

そもそも圭はなぜいつも死体の第一発見者になってしまうのか? そして、事件現場で“重要参考人”になってしまう度に驚くべきほどの推理力を発揮できるのは、一体どうしてなのか? 第5話から、その謎が大きく展開していくことに!

©テレビ朝日

その謎の鍵を握る人物として、実力派女優・かとうかず子演じる圭の母親が初登場! どのような母なのか? 母と息子、その関係とは…? これまで明かされなかった圭のプライベートの一部が、初めて描き出される。

また、圭の幼いころの記憶の中で殺害されている謎の人物を、大澄賢也が演じる。彼は一体何者なのか?

そんな2人の新キャラクターに加え、警視総監・吉倉清司(松平健)や捜査一課長・古仙淳(西岡德馬)ら警視庁の上層部も巻き込み、圭に秘められた驚愕の事実が次々と明らかになっていく…。

一話完結で展開していたミステリーだけでなく、新章から描かれる主人公の過去に影を指す“衝撃の真相”からも目が離せない!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』第5話
2017年11月17日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1