テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

長塚京三が“心の医師”演じる『深層捜査』第2弾!美少女に届いた遺書の改行が…

日曜の朝、大人が楽しめる上質なエンターテインメント作品をお届けしている「日曜ワイド」

11月12日(日)の「日曜ワイド」では、長塚京三が“心の医師”を演じるシリーズ第2弾『深層捜査2~ドクター大嶋二郎の事件日誌』が放送される。

©テレビ朝日

医師の大嶋二郎(長塚京三)は、依頼を受けて中学生の亜矢(松風理咲)に会いにいくことに。母によると、亜矢は1カ月ほど前から心を閉ざし悩んでいた

その理由が親友の死であることを知るが、亜矢が持っていたものに気になる点があって…。

 

◆あらすじ

©テレビ朝日

ベテラン医師・大嶋二郎(長塚京三)は、警視庁犯罪被害者対策室の室長・柏木百合子(かたせ梨乃)から要請を受け、犯罪被害者の心のケアを担当してきた。

ある日、大嶋は百合子の依頼で、彼女の後輩であるフラワーデザイナー・窪田沙希(手塚理美)の自宅を訪ねた。沙希は6年前に離婚し、中学生の娘・亜矢(松風理咲)と暮らしているが、かつては明るく活発な性格だった亜矢が1カ月ほど前から心を閉ざして悩んでいるという。大嶋が亜矢の部屋を見せてもらったところ、彼女の心の混乱を物語るかのように、教科書や洋服が散乱していた。

調べたところ、1カ月前、亜矢の友人・池内美雪(喜多乃愛)の母・伸枝(菊池麻衣子)の遺体が海岸で発見され美雪も行方不明になっていたことがわかる。美雪の遺体は見つかっていないものの、警察は借金を苦に母娘が心中したものと考えていた。亜矢は、親友の突然の死に大きなショックを受け、ふさぎこんでいたのだ…。

©テレビ朝日

そんな中、大嶋は、美雪が行方不明になった直後亜矢のもとに彼女から“遺書”が届いていたことを知る

美雪が書いた遺書を見せてもらった大嶋は、文章の改行が不自然なことが気になって…!?

◆番組情報:日曜ワイド『深層捜査2~ドクター大嶋二郎の事件日誌』
2017年11月12日(日)午前10:00~11:50放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1