テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

北海道に移住中の大鶴義丹、前妻マルシアとの娘と親子で大切なひととき

タレントや芸人、俳優が縁もゆかりもない地方に移住!その田舎暮らし体験に密着し、“人がそこに住む理由”を伝えるリアル・ドキュメント・バラエティー『イチから住~前略、移住しました~』

©テレビ朝日

10月15日(日)の放送では、北海道美瑛町に移住した大鶴義丹が前妻・マルシアとの間に生まれたひとり娘・弥安(びあん)さんとアルバイト先の牧場へ向かう!

 

◆大鶴義丹、ひとり娘と語る本音は?

早朝から親子で弁当を作って、アルバイト先である大原牧場に向かうふたり。

酪農に興味がある弥安さんは重労働ながらテキパキと仕事をこなしていく。昼は、親子で手作り弁当を食べながら語り合うふたり、はたして、どんな本音を聞けるのだろうか…!?

また、大鶴宅に近所の住人たちを招待し、完成したウッドデッキで食事会を開くことに! 大鶴が絞った牛乳や美瑛産の野菜を豊富に使ったクリームシチュー、鮭を使った郷土料理“ちゃんちゃん焼き”が登場する。

おいしい料理の数々に、皆との会話も弾んでいく。ひとり娘・弥安と過ごした時間はあっという間だったが、大鶴にとって大切なひとときになったようだ。

 

◆鳥羽潤の蕎麦の出来栄えは?

一方、長野県小諸市に移住した俳優・鳥羽潤。「50回打つと一人前になる」という親方との蕎麦打ち修業も、ついに50回目!

©テレビ朝日

この日は、一人前になれたかどうかを見極める試験が行われる。開始当初はなかなか満足のいかなかった生地の出来も、「今まででいちばんキレイ」と手応えを感じた様子の鳥羽。そしていよいよ、味の審査…。はたして、「お代をいただける蕎麦」という親方との目標は達成することができたのか?

さらに、蕎麦に精通している近所の住人たちにも打ち立ての蕎麦を振舞うことに。「今の自分のすべての蕎麦」と、渾身の力で作業を進める鳥羽。これまでの移住生活の集大成として打った蕎麦、その出来栄えは…?

※番組情報:イチから住~前略、移住しました~
2017年10月15日(日)午後6:30~午後6:57、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1