テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「あんな誘惑しない」片山萌美、ドラマ『オトナ高校』スピンオフでセクシー官僚に!

三浦春馬が東大卒エリートの童貞、すなわち“チェリート”(チェリー+エリート)を演じることで放送前から注目を集めている10月14日(土)スタートの土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(毎週土曜午後11:05~午後11:59放送)。

深刻な少子高齢問題に歯止めをかけるべく政府が打ち立てた“第二義務教育法案”に基づく公的機関「オトナ高校」を舞台に“学園ドラマ”が繰り広げられる同作だが、異性との性体験のない30歳以上の男女(やらみそ=ヤラないまま三十路)たちが集まるこの特殊な高校は、いかにして誕生したのか?

©テレビ朝日

10月8日(日)よる10時よりインターネットテレビ局「AbemaTV」とauの動画配信サービス「ビデオパス」で配信される『オトナ高校 エピソード0』では、「オトナ高校」が設立されるまでの“熱い”エピソードが描かれる。

◆片山萌美、魔性のセクシー官僚に!

そんな前日譚『オトナ高校 エピソード0』で、ヒロインの“魔性セクシー官僚”小牧美和を演じるのは、役同様の美しさとセクシーさで注目を集める女優・片山萌美だ。

©テレビ朝日

エリート官僚で政界進出も目論む野心家の美和は、“第二義務教育法案”を思いついた張本人。

法案成立に向け、白洲迅演じる主人公で“隠れ童貞”の官僚・宇野颯太とタッグを組み、宇野をセクシーな言動で振り回していくが、そんな美和の行動の根底には“ある思惑”が潜んでいる…。

©テレビ朝日

「宇野くんがなぜ彼女に惹かれるのかが分かるような可愛らしさ、セクシーさを意識しています」と演じるうえでのこだわりを話してくれた片山だが、宇野を振り回すシーンについては、「私自身は、あんな“誘惑”の仕方はしないですね(笑)」と一言。

いったい、劇中でどんな“誘惑”を見せてくれるのか? 注目だ。

◆片山萌美が最近した意外な“初体験”とは?

そんな片山に、『オトナ高校』に関連していくつか質問をしてみた。

――『オトナ高校 エピソード0』で、性体験のないオトナたちが集まる高校の設立を提唱するエリート官僚を演じる片山さんですが、そんな片山さん自身が“やってみたいけど”まだ体験していないことって何ですか?

片山:「かなりたくさんあると思うんですけど、“やってみたいのに”未経験なことで思いつくのは、東京スカイツリーに登ったことがないですね。

あと、いつも『貯金したい』って思ってるし言ってもいるのに、“貯金通帳”を持ったことがないんです。振り込み用の銀行通帳は持ってるんですけど、貯金通帳はなくて…。貯金したいですね。ちなみに、貯金箱は持ってます(笑)」

そして、「今回は“オトナ高校”ですが、片山さんは高校時代、どんな学生でしたか?」という質問をしてみると…?

片山:「高校時代はテニス部に入ってました。テニスは大好きだったんですけど、部活自体はあまり真面目にやってなくて…(笑) 女子高だったので恋愛も全然だったんですけど、そのかわりというか、アルバイトをやってました。

ドーナツ屋でバイトしてたんですけど、一定の金額以下のドーナツなら休憩中食べ放題で、15分間の休憩で5個食べたりしてましたね。だから、すっごい太ったんですよ! バイトを辞めてドーナツも食べなくなったら、すぐに痩せました(笑)」

――その当時は、どんな“オトナ”になりたいと思ってましたか?

片山:「実は“憧れ”のようなものは全然なくて、こういう職業になりたいとかもなかったんです。とりあえず大学生になりたいと思っていたので、大学生になりました(笑) ただ、“カッコいいオトナ”でありたいとはずっと思ってましたね

今回の『オトナ高校 エピソード0』で片山が演じる美和は、まさに“カッコいいオトナ”の女性。

©テレビ朝日

特に、彼女自身も「本当に頑張ったので、ぜひとも注目していただきたいです!」と語る“会議”のシーンでの熱さとカッコよさは見逃せないが、片山は、「カッコいい女性でありながら、ちょっと謎めいた部分もある魅力的な役なので、ワクワクしました」とも語る。

はたして、美和にはどんな“謎”があるのか? その答えが判明する配信まで待ちきれない!

配信情報:『オトナ高校 エピソード0
2017年10月8日(日)よる10時より、インターネットテレビ局「AbemaTV」、auの動画配信サービス「ビデオパス」にて配信スタート!

番組情報:土曜ナイトドラマ『オトナ高校
2017年10月14日(土)スタート! 毎週土曜よる11時05分~、テレビ朝日系列

LINE はてブ Pocket +1