テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

魔裟斗、尼神インター・渚を親方と慕う!女優・田中道子もリフォームに奮闘

10月1日(日)に放送される『大改造!!劇的ビフォーアフター 2時間SP』では、番組史上初となる賃貸マンションのリフォームに挑戦!

築22年で32階建て、問題山積みの「穴だらけの家」を劇的に大改造する。

©ABC

番組初の賃貸物件となる今回の依頼。依頼者の家族は、築22年・32階建てのマンションの11階に住んでいる。

依頼者(43歳)は、上は24歳から下は5歳まで、7人の子を持つシングルマザー。

上の3人の子が成人して独立、現在は親子5人暮らしだが、今でも家族みんな仲がよく、去年赤ちゃんが生まれた長女や、長男と次男も頻繁に実家に遊びに来て、多いときには長女の夫を含めて10人が集まるという。

このマンションに引っ越して来て18年になるが、悩みの種は家中にできた壁の穴。7人の子どもたちが開けた壁の穴はなんと24カ所にもおよび、壁だけでなく部屋の扉にも穴の開いた所が8カ所もある。その他にも、一面落書きだらけの壁、玄関、浴室などにも問題が山積み…。

依頼者は、末っ子が来年小学校に入るこのタイミングにとリフォームを決意。しかし、ここは持ち家ではなく賃貸住宅。いつの日か引っ越すとなったときには、元通りにして返さなければならないという制約がある。

できるだけお金をかけず心地よく住める家に…。

そんな願いを受け、リフォームの匠・柴田達志が立ち上がる。柴田はこれまでに、限られた予算内でアイデアを駆使し、家の問題をつぎつぎと解決。暮らしやすくモダンな住まいへ改造してきた。

匠は予算に加えて、リフォームが困難な賃貸マンションの制約を逆手にとり、あえて壁や天井を傷つけずに、おしゃれで斬新なリフォームのアイデアをつぎつぎと披露する。

©ABC

そして今回“匠”をサポートするのは、建築経験者を集めた一流芸能人集団、その名もビフォーアフター工務店

今回は、番組初登場の新たな女性の助っ人が2名登場。1人目は、神戸空港の工事にも関わったという元大工で、現在人気急上昇中のお笑いコンビ・尼神インターの渚

2人目は、2013年のミスワールドのジャパン代表で、ドラマ『ドクターX』に出演し女優としても活躍中、実は二級建築士の国家資格を持っている田中道子だ。

さらに、格闘家の魔裟斗もリフォームに参戦。しかも魔裟斗は、リフォーム中に渚を親方として慕う場面も

他にも、番組おなじみのユージえとう窓口も登場する!

 

※番組情報:『大改造!!劇的ビフォーアフター 2時間スペシャル
2017年10月1日(日)午後6:57~午後8:54、ABC・テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1