テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

満足げな広瀬すず&下手すぎる大原櫻子が超可愛い!2人の「腹話術」動画がクセになる

1月20日より放送されているソフトバンクの新テレビCM。親友同士である女優の広瀬すずと歌手・女優の大原櫻子、そして世界的アーティストのジャスティン・ビーバーが出演していることが大きな話題となっている。

そんななか、このウラでひそかに広瀬と大原が登場する動画がWeb上で公開された。

非常に地味とも言えそうな作りでありながら、ド派手なテレビCMに引けをとらない“クセになる”映像となっているので、紹介しよう。

 

最後のかわいすぎる2人に注目!

その動画は、広瀬と大原が腹話術(?)で「新しい学割プランは速度制限を気にしなくていい」ということをPRするもの。

まず、広瀬のバージョンはこちらだ。

スマホやパソコンで“音声なし”で見ると、一瞬機械が故障したかと思ってしまうこちらの不思議な動画。

ただ、広瀬は腹話術師のいっこく堂のように口をほとんど開けずに喋っており、「スマホのみなさん! 月末は、動画を我慢していませんか?」「そんなあなたに、パンパカパーン!」などと一生懸命プランの有用性をアピール。

そして最後には、「動画の容量を使わないように、動きの少ない腹話術でお伝えしました。速度制限の広告で、速度制限にかかったら、いやですもんね!」と締められ、この不思議な動画の意図が明かされている。

そして大原は、この広瀬と同じ内容を喋った後、さらに腹話術(?)状態で早口言葉を披露。

「赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ」「坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた」といった定番に加え、「ギガモンビバビバ動画バリバリパーペキとってもうれピーね」という今回の動画に合わせたオリジナルの早口言葉を披露しているが、口は堂々と動いてしまっており、さらに大事なところで噛んでしまっている。

ただ、それもご愛敬。

※画像はYouTubeのスクリーンショットです

※画像はYouTubeのスクリーンショットです

最後には「カット」がかかった後のふたりの“オフ”な表情も映し出されており、非常に満足げで得意げな広瀬も、解放感からか「やったー」とはしゃぐ大原も、まさに“かわいすぎる”姿となっている。

なんともいえない“ユルさ”が心地よい、思わずクセになってしまう動画だ。

LINE はてブ Pocket +1