テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「ほとんどノーギャラ」それでも芸能リポーターが記者会見へ行く理由とは?

毎回テーマに沿ったさまざまなゲストたちが登場し、共通の経験や環境に基づく驚きの知られざる“あるある”話を存分に語っていくバラエティー番組『こんなところにあるあるが。土曜♥あるある晩餐会』

©テレビ朝日

8月19日(土)に放送された同番組では、「不倫・暴言・引退・謝罪 今年は大荒れ…情報番組の裏側すべて見せますあるある」と題し、情報番組で活躍するコメンテーターや芸能リポーターたちが集まって“あるある”を紹介した。

 

◆芸能リポーターのお悩み“あるある”

数々のワイドショーやラジオなどで活躍している芸能リポーター・長谷川まさ子が発表したのは、「記者会見にいる芸能リポーターは、ほとんどがノーギャラだ」という驚きの“あるある”。

そもそも記者会見には、結婚・離婚・謝罪などのために開かれる“タレント主導型”の記者会見と、新商品や新作映画などの発表のために開かれる“PRのイベント型”の記者会見があるという。

そのなかでもよくテレビで目にする、タレントがリポーターに囲まれて質問を受けている光景は「囲み取材」と呼ばれるもの。その多くが、“1人から数人”のタレントに対し、“大勢”のリポーターたちがタレントにマイクを向けているように思えるが…。

そんな彼らのほとんどが「ノーギャラ」というのはどういうことなのか?

 

◆本当のところ、結構稼いでる?!

実はあの大勢のリポーターのうち、番組から「取材に行ってください」と依頼を受けている人は少なく、ほとんどが「自己取材」だという。しかも依頼もなく行った取材は、もし放送されたとしても「ギャラはもらえない」というのだ。

では、なぜ彼らはギャラをもらえないのに「自己取材」へ行くのか?

このあるあるを発表した長谷川によると、芸能リポーターはみんな“キー局”だけに出ているわけではなく、地方でいくつも番組を担当しているそう。それらの番組に出るためには、「情報を持っていかないと仕事として成り立たない」と話す

実際、長谷川自身も全国ネットの番組は“不定期”の2本しかないものの、地方ローカルやネット番組の“レギュラー”は全部で10本もあるのだとか!

つまり、ギャラの出ない「自己取材」で得た情報が、地方やネット番組で話す「ネタ」となり、そのおかげでオファーが舞い込んで「出演料」になっているのだ。

番組スタッフの「大体、月にどのくらい稼いでるんですか?」の質問に、「聞きたがる〜」とおどけながらも、「同い年の働いている人たちとちょうど同じくらいかな」と答えた長谷川。現在54歳の彼女の年収は、約1000万円(部長職の平均収入)程度と推測できる。

「ノーギャラ」と言いつつも、結果的にはかなり稼いでいるようだ。

※番組情報 『こんなところにあるあるが。土曜♥あるある晩餐会
毎週土曜日午後9時58分~、テレビ朝日系24局

※芸能リポーターたちの知られざる“あるある”話がたっぷり披露された放送は、テレ朝キャッチアップで無料配信中!(期間限定)

LINE はてブ Pocket +1