テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

釈由美子、古坂大魔王が作ったネタをやって涙!「放送中止にして…」

“笑いのプロ”である芸人がネタを書き、“演じるプロ”である役者その台本を演じるテレビ朝日のバラエティー『笑×演(ワラエン)』

2017年4月からMCにバカリズムとアンタッチャブル・山崎弘也を迎えてレギュラー化して以来、毎週水曜深夜のオンエアながらじわじわと評判を集めている同番組のスペシャルが決定!

©テレビ朝日

ゴールデンタイムに全国ネットで放送される今回は、ピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王が新たなユニットを送り出す

 

◆釈由美子が泣いた理由とは!?

今回のスペシャルで古坂大魔王がネタを提供するのは、数々のドラマ映画で主演する女優・釈由美子と、舞台の演出を手がけるかたわら『相棒』シリーズなどで活躍する名優・山西惇の男女コンビ。古坂大魔王が目指したのは、“歌と笑いのエンターテインメント”だ。

なんと、ピコ太郎の楽曲作成に使用したものとほぼ同じ楽器を使って約10曲を用意するほどの懲りようで、2人はまさに“ピコ太郎の姉妹ユニット”としてステージに立つことに

©テレビ朝日

しかし、古坂大魔王と初対面した釈は、歌と笑いと踊りがちりばめられたシナリオを一読し、「舞台経験が少ないのでネタができるかどうか不安です」「私、恐ろしいぐらいにリズム感がないんです」と不安な発言を連発。

しかも、古坂が2人に贈ったユニット名“魏志倭人伝”。その壮大(?)な命名とは裏腹に、テーマは“デパートの屋上で営業している売れないベテランユニット”とのことで、さらにコントのコンセプトは “バカなお笑い”だと説明する。

©テレビ朝日

最初の読み合わせの時点で、古坂大魔王は大爆笑!「(本番も)うまくいったらピコ太郎と同じところからデビューしてもらいたい…」と豪語するが、いったい2人にどんなネタを演じさせるつもりなのか?

そして、ついに本番! 釈と山西が繰り広げる“笑撃”のコントを見たMC・バカリズムは「やりたい放題でしたね(笑)」、山崎も「今までに見たことない、それでいてかわいい釈さんがいました!」と大喜び。

ネタを書いた古坂も「すげえよかったです! 最高でした!!」とその出来ばえを大絶賛するが、突如、釈がうつむいて泣きはじめるという衝撃の事態が…! 釈は「放送中止にしてもらってもいいですか…」と嗚咽しながら懇願するが、はたして彼女が涙を流した真の理由とは

©テレビ朝日

◆人気芸人が豪華役者陣とタッグ!贅沢なラインナップが実現

このほか、コントが苦手で漫才しかできないというナイツが永井大&甲本雅裕の7月新ドラマ『遺留捜査』メンバーコンビに、あえてのコントネタを執筆! ナイツがコントネタを書くのはコンビ結成時以来だという。果たしてその出来栄えとは?

またロッチは、個性派俳優の加藤諒と当番組2回目の出演となる神保悟志のコンビに“部活動コント”を提供。さらに、アンガールズは肉体派熟年二枚目俳優の渡辺裕之&野村将希コンビにコントを、ハライチは奥菜恵&堀内敬子の女優コンビに超シュールなコントを書き上げる。

それぞれ、どんな舞台が繰り広げられるのか? そして、優勝を手にするのはどのコンビなのか? 7月15日(土)のオンエアが見逃せない!

 

※番組情報:笑の舞台に俳優参戦!!真剣ネタ対決!『笑×演
2017年7月15日(土)午後9:58~午後11:14、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1