テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

【世界ラリー(WRC)】ラトバラ、デイリタイア 第8戦ラリー・ポーランド デイ3結果

現地時間の7月1日、FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦「ラリー・ポーランド」のデイ3(SS11~SS19)が行われた。

2日目までの3人による上位争いのなか、悔しいデイリタイアを選択することになってしまったのが、トヨタのエース、ヤリ‐マティ・ラトバラだった。

ラトバラは、SS11で最速タイムを出し、SS12は3番手、SS13は7番手、SS14は2番手、そしてSS15は3番手と順調な走りを見せていたが、SS16の12.9km時点で突然マシンがストップ。原因はマシントラブルで、そのままデイリタイアを選択することになってしまった。

これにより上位争いは、ヒュンダイのティエリー・ヌービルとフォードのオット・タナクの一騎打ちに。なんと、デイ3を終えても3秒1差というがっぷり四つの戦いとなり、いよいよ明日の最終日に決着をつけることとなる。

トヨタのラトバラがデイリタイアしたことで、王者セバスチャン・オジェが3位に浮上かと思いきや、そこはマシンの速さに今季定評があるヒュンダイのヘイデン・パッドンが浮上。最終日の表彰台を狙う。

トヨタは厳しいラリーとなってしまったが、ユホ・ハンニネンが11位につけており、なんとか入賞を狙う。

現在トップに立つヌービルは、「酷い天候で路面がぐちゃぐちゃだ。SS18の残り5kmでは雨に降られて、本当に地獄のような状態だった。明日もタナクを抑えることができるか……さて、どうなるかな」と厳しい天候に状況が左右されそうだと予想。

一方のタナクは、「今日はとにかく自分にできる限りのミスがない走りをすることに務めた。正直、明日はなにが起きても不思議は無い。つまり、どんなことも可能性があるってことだ」と、こちらも天候の影響と、この僅差に何があるかはわからないと答えた。

ラリー・ポーランドの最終日はSS20からSS23を争う。なお、RC1の1~10位までの結果は以下の通り。

LINE はてブ Pocket +1