テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

弘中綾香アナ「やめてください」と一喝!カズレーザーの“ある行動”に小芝風花が大困惑

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

9月14日(土)に放送される同番組では、ゲストに小芝風花とメイプル超合金・カズレーザーを迎え「地上6000mの絶壁に引っかかって宙吊りになり食料なし、身動きが取れない状態で1週間乗り切った人」を紹介する。

©テレビ朝日

ミナミウラさんは世界中の断崖絶壁を登るクライマー。しかも登った山の頂上からパラグライダーで飛び降りるという、なんとも命知らずな“ヤバい生き甲斐”の持ち主だ。

そんなミナミウラさんが飛び降りたくてうずうずしていたのは、パキスタンの奥地にある“トランゴタワー”と呼ばれる山。標高6000m超にして頂上からは垂直な壁が2000mも続く、普通の人には恐怖しかない岩山だった。

◆標高6000mの絶壁に宙ぶらりん!救助ヘリ来ず…

©テレビ朝日

2年の準備期間を経て、仲間たちと憧れの山へ向かったミナミウラさん。

ほかのメンバーが隣の山に登り終えてから、念願の頂から飛び降りたものの、なんとパラシュートが岩に引っかかってしまった!

頂上から70m下の地点で宙ぶらりん、しかもパラシュートが岩に引っかかっている部分はわずか30cmほど。

トランシーバーで仲間に連絡を取ると救助ヘリ要請を約束してもらえたが、最高風速30mの風にあおられ、飛ばされてしまう危険と隣り合わせ。

酸素濃度は平地の半分で、夜にはマイナス10度まで冷え込む。そんな場所で一晩を過ごすことになったミナミウラさん。

そして恐怖で感情が高ぶり一睡もできずに迎えた翌朝、大きな発見をする。数メートル先に40cmほど岩がせり出した場所があったのだ。

決死の覚悟で場所を移したミナミウラさんだが、狭い場所でとれるのは座禅を組んだ禅僧のような姿勢くらいしかも飛行のため身軽にしたのが裏目に出て、手持ちの食料は一切ナシ。辺りにある雪をなめてその場をしのぐことに…

©テレビ朝日

さらに予想外の事態が発生! 救助ヘリが来られず、この場所で数日間過ごすことになったミナミウラさん。

そこで小芝は、「お手洗いはどうしてたんですか?」と質問。ミナミウラさんの回答を聞いたカズレーザーとオードリー若林正恭は、小芝に向けてある行動をとるが…。

それを見た弘中綾香アナは、「やめてください!ゲストに何してるんですか!」と一喝小芝を大いに困らせた、2人の行動とは?

カズレーザーも「変態ですね!」と興奮しながら連発した、ミナミウラさん奇跡の生還劇の全貌を送る。

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2019年9月14日(土)午後10:10~午後11:10、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事