テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

達川光男、デッドボール・アピールするようになった原因は“チームメイトに起きた悲劇”

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる、反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

8月5日(月)の放送では、プロ野球解説者で広島カープの元監督・達川光男が登壇。“当たってないのに、当たったフリしちゃった先生”として、授業を行った。

©テレビ朝日

◆当たってないのに当たったフリ…

広島商業高校時代に夏の甲子園で優勝し、現役時代は広島東洋カープの正捕手としてチームを日本一に導いた達川。ベストナインに3回、ゴールデングラブ賞に3回輝いた名プレイヤーで、引退後は広島カープの監督を務めたほか、セ・パ両リーグでコーチを歴任した。

球界に素晴らしい功績を残した達川だが、実は現役時代、当たっていないのに当たったフリをして、何度もデッドボールを勝ち取っていたことを激白。その結果、名捕手というイメージよりも、“デッドボール”という印象がファンに定着し、“デッドボール達川”“グラウンドの詐欺師”というニックネームまでついていたと明かした。

©テレビ朝日

達川がデッドボールで嘘をついていたことについてテレビでガッツリ話すのは、今回が初めてのこと。まず、達川はなぜ当たってもいないのに当たったと主張するようになったのか、そのきっかけについて解説。実は、チームメイトに起きた悲劇が原因だった。

その悲劇とは、ある試合中、バッターボックスに立ったチームメイトの膝に投球が当たったにもかかわらず、審判はデッドボールをコールせず…。結果、三振に終わったその打者に対して監督は、「なぜデッドボールをアピールしなかった!?」と激怒したうえ、なんと二軍落ちを通告!

それを目撃した達川は、アマチュア時代には美徳だった“審判にアピール”しない姿勢を改めようと決意。以来、審判にしっかりとデッドボールを主張するようになった。

やがてファンたちの間で話題になった達川のデッドボール・アピール。達川がデッドボールを受けると球場は大盛り上がりし、声援も激増。これに味をしめた達川は調子に乗って、ことあるごとに“デッドボール芸”をついつい披露するようになってしまったことを述懐した。

◆テレビ番組が取り上げ審判から徹底マーク!

しかし達川のデッドボール・アピールは、やがて審判から厳しくマークされるようになってしまう。審判たちから目をつけられた意外な理由についても、達川は語った。

その理由とは、とあるテレビ番組。過去1年間に起きたプロ野球の珍プレー、好プレーを紹介する人気番組で、達川は、その見事な“デッドボール芸”を取り上げられ、何度も賞を受賞。

しかし、この番組を見た審判たちが、達川のデッドボールに対して厳しい目を向けるように…。やがて本当にデッドボールを受け、負傷したにもかかわらず、「どうせ当たったフリでしょ」、「その傷、練習の時にケガしたんでしょ」と返され、信じてもらえないという、まさに“オオカミ少年”状態に陥ってしまった。

©テレビ朝日

グラウンドの詐欺師と呼ばれながらも、達川の原点は、野球への熱くまっすぐな思いにあった。現役を退いてからも、コーチや監督として多くの球団から声をかけてもらったことを挙げ、「一生懸命にプレーしていればいつか誰かが認めてくれる」と、ひたむきな努力の大切さを全国の野球少年に向けて熱く語り、授業を締めくくった。

地上波放送直後、深夜0:50から配信している『Abemaビデオ』では、達川光男の授業完全版をオンエア。さらに、“お笑い研究部”の『“子どもウケ”しないを考える』第2弾も展開される。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
毎週月曜日 深夜0:20~深夜0:50、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、毎週月曜日 深夜0:50から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事