テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

落合福嗣、“悪ガキ”と呼ばれた子ども時代。その時の切ない思いを語る

8月6日(火)の『徹子の部屋』には、元プロ野球選手で監督も務めた落合博満を父に、その妻で「豪快アネさん女房」として有名だった落合信子を母に持つ落合福嗣が登場する。

©テレビ朝日

幼い頃から多くの人に知られる存在だった福嗣。テレビのドキュメンタリーなどで記者たちにイタズラをする悪ガキぶりを覚えている人も多いだろう。

その「悪ガキふくし君」が今、声優として大活躍している。

アニメでキャラクターの声を演じたり、番組のナレーションを担当したりで引っ張りだこ。今年“声優界のアカデミー賞”と言われる「声優アワード」で新人男優賞も受賞した。

©テレビ朝日

プライベートでは、かわいらしい2人の娘に愛される良きパパに。

すっかり大人になった福嗣は今回、「悪ガキ」と呼ばれた子ども時代のせつない思いや、声優を目指すきっかけになった父との思い出を語る。

さらに、父の博満がプライベートで野球観戦し初めてビールを飲んだという貴重なオフショットも公開する。

※番組情報:『徹子の部屋
2019年8月6日(火)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事