テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

賀来賢人×門山葉子『ライオン・キング』の楽曲で初Mステ!「無事に終えて帰りたい」

8月2日(金)に放送される『ミュージックステーション』に、賀来賢人と門山葉子が初登場。

映画『ライオン・キング』でシンバ役の声優を務める賀来賢人と、ナラ役の声優を務める門山葉子が映画の楽曲『愛を感じて』をデュエットする。

 

『ライオン・キング』の代表的楽曲である『愛を感じて』は、エルトン・ジョンによる作曲、ティム・ライスが作詞を務め、第67回アカデミー賞(R)歌曲賞及び第53回ゴールデングローブ主題歌賞をW受賞。

長編アニメーション映画『ライオン・キング』が公開された1994年以来、作品とともに長く愛されてきた代表的な一曲だ。

そんな『愛を感じて』を、今回の映画では賀来賢人と門山葉子が歌唱。

王となる使命を見失い悩みながら新たな道を探し求める王子・シンバが、離れ離れになっていた幼なじみ・ナラと再会を果たすという重要なシーンで、作品をドラマチックに盛り上げる。

「シンバとナラが久しぶりに再会したときの、悩み・葛藤・恋を描いた曲なので、歌詞(言葉)を大切に歌いたい」と賀来門山も「映画本編では、美しい超実写版ならではの映像と合わさって、すごくロマンチックなシーンになっているんです」と話す

字幕版ではドナルド・グローヴァーとビヨンセという、グラミー賞受賞アーティストが歌っている同曲。やはりプレッシャーは感じたそうだが、賀来は「真似しようと思ってもできないので、自分たちなりの『愛を感じて』を作れたらと思って歌いました」と苦労も明かしてくれた。

さらに賀来は「フェイクの部分を何パターンか練習。やればやるほど難しかった」、門山は「監督に『もっと愛を感じて!』と言われたので、“愛だ、愛だ”と思いながら練習しました」とそれぞれ苦心の末に今回の楽曲完成したという。

初となる『ミュージックステーション』出演に賀来は、「とにかく緊張しています。無事に終えて帰りたい…」と緊張している様子。門山は「まさかMステに出演できるとは思っていなかったので、うれしいです!楽しみたい!」と期待に胸を膨らませた。

映画『ライオン・キング』の公開前に、一足早く“シンバ”と“ナラ”によるロマンチックな時間を堪能してみては?

※番組情報:『ミュージックステーション
2019年8月2日(金)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局ネット

【出演予定アーティスト】50音順
・賀来賢人×門山葉子『愛を感じて』
・キマグレン『LIFE』
・三代目 J SOUL BROTHERS『SCARLET』
・HiHi Jets & 美 少年(ジャニーズJr.)『おいで、Sunshine!』
・三浦祐太朗『横須賀ストーリー』
・WANIMA『夏のどこかへ』

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事