テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ドレミではなく“擬音”で演奏するインドの楽器って?『関ジャム』マイナー楽器特集

ピアノやギターなどメジャー楽器はもちろん、バンドネオンやスティールパンなど、あまり知られていない楽器も特集してきた『関ジャム』。しかし、まだまだ見逃している楽器があった!

©テレビ朝日

そこで7月28日(日)の同番組では、「知ってるようで知らない…マイナー?だけど音は最高な楽器特集」を放送。「ファゴット」「タブラ」「二胡」「アルプホルン」ら4つのマイナー楽器のスゴさを徹底解剖していく。

クラシック音楽などではお馴染み、音階の演奏は基本的にアルトリコーダーと同じだが、どんな音色か馴染みの少ない木管楽器「ファゴット」。

ドレミではなく独特の“擬音”で演奏するインドの打楽器「タブラ」。

“東洋のバイオリン”とも呼ばれる中国の伝統的な弦楽器「二胡」。

長い独特な姿が特徴的なアルプス地方発祥の管楽器「アルプホルン」。

今回紹介する4つの楽器の“聴けば分かる実は最高な音色”とは、どんな音なのか? どうやって音を出しているのか? そして、マイナー楽器ゆえの苦労とは?

ファゴット奏者・石川晃、タブラ奏者のU-zhaan(ユザーン)、二胡奏者・KiRiKo、アルプホルン奏者・森泰が貴重な実演も交えながら、知られざる各楽器の魅力をたっぷり紹介していく。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2019年7月28日(日)午後11:10~深夜0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事