テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

磯村勇斗&稲葉友、元仮面ライダー同士で汗をかく!共通の趣味“サウナ”も堪能

クルマという空間を舞台に、ゲストが普段聞けないような“プレミアムトーク”を展開する番組『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~』(BS朝日)。

7月20日(土)放送の同番組には、お互いに元“仮面ライダー”である磯村勇斗稲葉友が登場。

©BS朝日

映画やドラマでの共演で友人関係になった2人が、“汗をかきまくる”ドライブへ。共通の趣味であるサウナへも行き、お互いの“サウナの流儀”を語り合いながらリフレッシュする。

2人の出世作である「仮面ライダー」。稲葉は2014年『仮面ライダードライブ』の仮面ライダーマッハ役、磯村は2015年『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダーネクロム役で出演した。

磯村は、「友が出た『ドライブ』のオーディションも受けたけど駄目で、『ゴースト』で勝ち取った」と述懐。

対する稲葉は、「俺は『オーズ』から5年間毎年受けて、『ドライブ』も一度落ちた」、「『ドライブ』では、2号ライダーのオーディションが別であった。それを聞いた時に、絶対受かるってオーディションに行く前に思った」と振り返る。

その後、磯村は2017年の朝ドラ『ひよっこ』に出演。「すごく緊張した。でもアットホームな雰囲気だった」、「ライダーと違ってカメラの台数も多いし、一連で撮るから若手の自分がとちることはできないし…めちゃ怖かった」と当時を語る。

このほか、役作りの仕方や演じることへの思いも語り合う時間となった。

※番組情報:『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~
2019年7月20日(土)午後10:59~午後11:30、BS朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事