テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

全英オープンを“副音声”解説!松山英樹の元専属キャディ進藤大典、4日間登場

ゴルフトーナメントで最古のメジャーとして知られる『全英オープンゴルフ』。148回目を迎える今年は、北アイルランドの名門ロイヤルポートラッシュゴルフクラブで開催される。

イギリス本土外での開催は、1951年に同コースで開催されて以来68年ぶり。狭く海風が吹くリンクスコースで、トッププレーヤーたちの熱戦が期待される。

テレビ朝日では、7月18 日(木)~7月21日(日)に大会の模様を現地から生中継。そこでは、テレビ朝日のゴルフ中継で初めてとなる副音声放送が実施される。

◆“世界一流を誰よりも知る”進藤大典がインサイドトーク

©テレビ朝日

副音声に登場するのは、今大会にも出場、日本人初のメジャー制覇が期待されている松山英樹の専属キャディを長く務めてきた進藤大典氏。4日間を通して登場する。

“世界一流を誰よりも知る男”進藤元キャディだからこそ知っている松山選手やその他海外選手たちのエピソードなど、主音声では聞くことができない情報を放送する

さらに、米ツアーで6年間キャディを務めたからこそ話せる米ツアーの裏話など、日本のファンがなかなか知ることができなかったエピソードも満載だ。

主音声では、解説の青木功らがコースの特徴や攻略法、技術的な視点で放送を盛り上げるが、副音声は少しリラックスした雰囲気で選手の裏話やキャディから見た攻略法など、より身近な感覚で「全英オープンゴルフ」を楽しめる中継となっている。

◆松山ほかサムライ7名が出場!タイガーの今季メジャー2勝目は?

今年の大会には、日本から松山英樹のほか、昨年の「日本オープン」を制した稲森佑貴、昨年の日本ツアー賞金王・今平周吾、今年のミズノオープン優勝の池田勇太など、アマチュアの金谷拓実を含む8名が出場。世界の強豪とともに上位進出、日本人選手としてのメジャー初優勝を狙う。

海外勢では今年の「マスターズ」優勝で完全復活をアピールしたタイガー・ウッズ、世界ランク1位を争うマット・クーチャー、ブルックス・ケプカ、飛ばし屋ダスティン・ジョンソン、さらには「ザ・プレーヤーズ選手権」優勝など波に乗る地元のロリー・マキロイなどのトッププレーヤーが出場。

世界の強豪と松山ら8名の日本選手たちは、北アイルランドの名門コースにどんな歴史を刻むのか? 熱い4日間の戦いに期待だ。

◆進藤大典氏 コメント

「アメリカツアーでキャディを6年間させて頂き、海外の選手と食事に行ったり、トレーニングをともにしたりしてきたなかで、僕だから話せることがあると思います。そのあたりを期待していただきたいですね。

また海外で戦い続ける松山選手の誰も知らない過酷さ、辛さ、プレッシャーなどもお伝えしていけたらと思っています。日本のゴルフツアーと海外ツアーの違いについては、ここで話すと1時間以上かかってしまうので、それはテレビ朝日の中継を楽しみにしてください(笑)。

最近の松山選手は調子を上げてきてますよね、ここにきて自分のなかの不安な部分がなくなってきている感じがします。クラブを変えて、スイングを立て直して、体のコンディションも良さそうですし、今は普通に回ればアンダーパーというところまで戻してきているので、あとは勝つタイミングが来るだけだと思います。

まさに『人事を尽くして天命を待つ』の状態だと思います。今年最後のメジャー、全英オープンで優勝争いに絡んでほしいですね!期待したいです!」

※番組情報:『第148回全英オープンゴルフ
【第1日】7月18 日(木)よる11:20~あさ4:00
【第2日】7月19 日(金)よる11:45~あさ4:00
【第3日】7月20 日(土)よる11:15~あさ4:00
【最終日】7月21 日(日)よる11:00~深夜2:55
(※放送時間は変更になる場合があります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事