テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

山本舞香、『捜査一課長』シリーズ最年少刑事に!内藤剛志の“右腕”として登場

捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱いドラマを描き、大好評を博してきた人気シリーズ『警視庁・捜査一課長』。2週連続で放送される新作スペシャルの第2弾が、7月14日(日)に放送される。

©テレビ朝日

『新作スペシャルⅠ』では、壇蜜が刑事役に初挑戦。いつもの妖艶さを封印し、辛い過去を抱えながらもひたむきな努力で事件解決を目指す女性刑事を熱演した。

今回の『新作スペシャルⅡ』では、山本舞香演じる小倉安子刑事が一課長の右腕として登場現在21歳の山本舞香は、シリーズ史上最年少の刑事となる

本作が刑事役初挑戦の山本。“超モテモテ女子”でポジティブな性格でありながら、実は悲しい過去を秘めている…という新人刑事・小倉安子を熱演する。

『新作スペシャルⅡ』は、宇宙飛行士候補発表記者会見場に「爆発物を仕掛ける」という脅迫電話が入ったところから物語が幕を開ける。

狙われた女性宇宙飛行士候補…。山本舞香演じる新人刑事と内藤剛志演じる大岩一課長が、”ホシ”を追う!

◆あらすじ

©テレビ朝日

宇宙開発事業を推進する巨大IT企業“ギャラクシーK”社長・黒木暁(佐野史郎)のもとに、記者会見会場に爆弾を仕掛けたという脅迫電話が入った。一報を受けた警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、すぐさま現地に駆け付け、対策本部を設置する。

ギャラクシーKでは一般人から宇宙飛行士を選ぶプロジェクトを進めており、その日はお台場のホテルで元教師・羽場衣織(辺見えみり)が宇宙飛行士候補に決定したことを大々的に発表する予定だった。

脅迫電話をかけてきた犯人は先日、大岩らが解決した”屋形船爆破未遂事件”と同じ爆弾を仕掛けたと告げ、「会見でウソをついた瞬間に爆破する」と脅したという。

黒木はいたずら電話だとして会見を強行しようとしており、会場に潜入した捜査員たちは必死に爆弾を捜索する。

©テレビ朝日

そんななか、お台場署の新人刑事・小倉安子(山本舞香)が、スタンバイする衣織のそばに、不審な箱が置かれているのを発見。箱の中身が爆弾に違いないと確信した大岩は特殊捜査班突入を決定し、会場は騒然となる。

安子は衣織に避難を促すが、彼女はなぜか「バカね…宇宙になんて行けるわけないじゃない」とつぶやき、なかなかその場から離れようとしなかった。一体誰が、箱を置いたのか…。

防犯カメラ映像からその箱を持ち込んだのは社長秘書・井津川瑠香(中村映里子)とわかるが、なんとその直後、彼女が刺殺死体となって見つかる。

屋形船爆破未遂事件との関連を疑う大岩は、運野和菓子刑事(壇蜜)のいる隅田川署と連携して捜査を進めることを決めるが、解決したはずの事件がいったいどう絡んでいるのか…!?

安子は、宇宙飛行士候補に大抜擢されたにもかかわらず、後ろ向きな言葉を放つ衣織に疑惑の目を向けるが、はたして事件の背後には何が隠されているのか…!? そして、脅迫電話の犯人が記者会見で登壇者に言わせたかった”本当のこと”とは…!?

※番組情報:『警視庁・捜査一課長 新作スペシャルⅡ
2019年7月14日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事