テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

クマムシ、“アーティスト気取り”が原因で転落。苛立ちと嫉妬で…憎悪の悪循環に

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

7月1日(月)に放送された同番組では、お笑いコンビ・クマムシの佐藤大樹と長谷川俊輔が登場。「お互い憎悪が湧いて、コンビ仲冷えてたんだから~先生」として授業を行った。

◆クマムシ、MAX月収800万からの転落を激白

©テレビ朝日

クマムシは2015年2月、『あったかいんだからぁ♪』をリリースして大ヒット。『ミュージックステーション』、『輝く!日本レコード大賞』、『日本有線大賞』、『NHK紅白歌合戦』などにも出演し、当時の最高月収は800万円にも達していた。

そんな絶頂を経験したクマムシの2人だが、実は互いに激しい憎悪を抱き、急激にコンビ仲が悪化していったという。

今回2人は、お互いに憎しみ合うようになった当時の心情をあますところなく告白。

長谷川によれば、そもそも2人の間に大きな溝ができたのは“超絶アーティスト気取り”が原因

こんなに売れた曲を作れる自分は天才かもしれないと勘違いし、「新ネタができた」ではなく「新曲ができた」と言ったり、新曲を作るためにギターを持って海に出かけたりしていたと当時を振り返る。

しかも作詞・作曲をクマムシ名義にしていたため、アーティスト気取りは佐藤にまで伝染。取り巻きにドアを開けさせるなど調子に乗っていた当時のエピソードを語った。

©テレビ朝日

『あったかいんだからぁ♪』によって一躍、人気者になったクマムシ。曲を作った長谷川は、佐藤の態度が気に食わず、「ありがとう言えよ!殺すぞ!」と苛立ちを感じていたそう。一方で佐藤も、長谷川だけが周囲から褒められる状況に嫉妬。

リリースからたった1ヶ月で関係がほころび始めた2人は、他にもお金や女性関係において様々な不満を抱き、「お前が俺を嫌いなら、俺はお前をもっと嫌いになってやる!」と憎悪の悪循環に陥ってしまったのだ。

◆憎悪しあい壮絶なケンカ!コンクリート上で“大外刈り”

©テレビ朝日

そしてブレークから2年、ついに事件が元柔道部で“黒帯”の長谷川がカッとなって佐藤をぶん投げてしまうほどの壮絶なケンカが起こった

その日、仕事に1時間半の大遅刻をしてきたという佐藤。理由はなんと「ストレートパーマをかけていた」から。それをきいた長谷川は激怒し、コンクリート上で佐藤に見事な大外刈り!

さらにボコボコにしようとしたところを、先輩芸人たちから止められたのだが…長谷川はこの一件を受け、本気で解散を考えるようになったという。

その後も2人の関係は改善せず、互いに無視しあうようになった結果、仕事は激減、芸能界からほぼ消滅という状態に。

こうして一時は解散の危機すら経験したクマムシの2人だが、今は関係を修復しようとしている最中だと話す。

現在、佐藤の出身地である北陸地方でレギュラー番組を持っていることなどをあげ、やはりクマムシは2人でないとダメだと改めて感じていると長谷川は告白。「相手を好きになれば相手はもっと自分を好きになってくれる」という教訓を伝えてくれた。

そして授業の最後には長谷川から佐藤へサプライズが。佐藤に対し自分も「ありがとう」を言ってこなかったことを反省し、授業の場を借りて初めて感謝の気持ちを伝える。長谷川からの“あったかい”言葉に、佐藤はびっくりしながらも、改めて2人で頑張っていくことを誓い合った。

地上波放送直後に深夜0:50からお送りするAbemaTVの「Abemaビデオ」では、クマムシの授業の“完全版”をオンエア。クマムシの2人が、しくじりのすべてを赤裸々に語る。

さらに6月に放送した“黒石高大先生バラエティスターへの道”の続編もお届け。今回は黒石が“ネタ見せ”に挑戦する。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
毎週月曜日 深夜0:20~深夜0:50、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、毎週月曜日深夜0:50から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事