テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ドラマ『べしゃり暮らし』、主人公の宿敵コンビ「るのあーる」に浅香航大&早乙女友貴

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の奮闘を描いた青春お笑いドラマ『べしゃり暮らし』(森田まさのり原作)。

同ドラマで、主人公コンビとお笑いの世界で激しく競い合う漫才コンビ「るのあーる」を、浅香航大と早乙女友貴の2人が演じることが発表された。

◆若手人気コンビ・るのあーる、浅香航大&早乙女友貴に

今回、新たにキャストが決定したのは、ボケの梵健太(そよぎ・けんた)とツッコミの上原裕也からなる漫才コンビ・るのあーる。

圭右と辻本コンビが後に所属するお笑い養成所の先輩コンビであり、2人の前に立ちはだかる強豪芸人の一組だ。お笑い養成所に所属しながらテレビ出演も果たし、人気を博している期待のホープというべき存在で、圭右とはステージ上で笑いのバトルを繰り広げながら、時には場外乱闘に発展することも。

そんなるのあーるのボケ担当・梵健太を演じる浅香航大は、今年だけでもドラマ『あなたの番です』(日本テレビ)、映画『チア男子‼』など話題作へ立て続けに出演している若手俳優。クセのある役を見事にこなし、圧倒的な存在感で強い印象を残す実力の持ち主だ。

浅香は、「まさか自分が芸人役を演じ、漫才を人前で披露するとは思いもしませんでした」と驚きつつ、「劇団ひとりさんの力をお借りし、役者さんがそれぞれ生で漫才を披露しています。その様も是非ご期待ください!」と、ますます漫才の期待が高まるコメントを寄せた。

梵の相方としてツッコミを担当する上原裕也を演じるのは、早乙女友貴

幼い頃から数多くの舞台で活躍し、俳優としての豊富な経験を持つ早乙女は、「オファー頂いたときはとても喜びました。プレッシャーもありましたが、最後まで楽しく上原を演じさせてもらいました」と、本作に情熱を傾け、上原裕也役を演じ切った様子を語っている

浅香と早乙女は、いったいどんなコンビ像と、かけあいを見せてくれるのか。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし
2019年7月27日(土)スタート!【毎週土曜】よる11:15~0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事