テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

天海祐希「本当に幸せな毎日でした」“キントリメンバー”と取調室セットで撮了

天海祐希演じるプロの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げるドラマ『緊急取調室』

©テレビ朝日

手強き被疑者との“言葉の銃撃戦”&キントリ解体の危機を描くシーズン3で、白熱する芝居合戦を繰り広げてきた天海祐希・田中哲司・大倉孝二・塚地武雅・でんでん・小日向文世らキントリメンバーが、このほどクランクアップを迎えた。

◆天海祐希、クランクアップで胸の内を吐露

キントリと見事な捜査連携を取るモツナベ・コンビを演じる速水もこみち&鈴木浩介もねぎらいに駆けつけるなか、キントリメンバーは最後の撮影を無事終了。

全撮影を終え、思い出深い取調室のセットに集合した天海らは、感無量のようす。

各出演者の挨拶では、塚地が「このドラマの撮影中に5kg太りまして…(笑)。でも、明日から差し入れのない日々が続くでしょうから、すぐに戻せると思います」と挨拶。

また小日向は、「シーズン1の年(2014年)に僕は還暦を迎えたのですが、それから5年。年を取るのも悪くないなぁと思わせてくれる、本っ当に楽しい現場でした! またここに帰ってきたいと思います」と語るなど、思いの丈が次々と打ち明けられた。

そんななか、座長の天海は、「たくさんの素晴らしいゲストの方がいらしてくださいました。そして、素敵なスタッフの皆さん、何よりもこのキントリのメンバー! 本当に素敵なメンバーで、いつまでもこの現場にいられたらいいな、と思っていました。本当に幸せな毎日でした。このメンバーと離れるのはちょっと寂しいです」と胸の内を吐露。

今後に向けて「また成長した姿で頑張っていきたいな、と思っています」と決意を新たにしながらも、『キントリ』との別れを名残惜しんだ。

クランクインから約3カ月半。天海らが並々ならぬ愛情と熱量を注いできた『緊急取調室』シーズン3は、本日6月20日(木)の放送をもって、ついに最終回。

謎が謎を呼ぶ“2件の同級生殺害事件”を捜査するキントリ・メンバーの勇姿を、最後まで見届けたい。

※番組情報:木曜ドラマ『緊急取調室』最終話
2019年6月20日(木)午後9:00~午後10:09放送<※15分拡大>、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事