テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

長嶋一茂、“バイトテロ”を防ぐ現代のアルバイト教育法を批判「過保護のような気も」

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にする石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子が集結し、いま世間をザワつかせている社会現象についてトークを繰り広げる番組『ザワつく!金曜日』

6月14日(金)に放送された同番組では、「バイトテロ コンサルを考える」というテーマについて議論した。

©テレビ朝日

アルバイト店員の不適切な行動がSNSで公開・拡散されて大問題に発展するなど、日本の飲食業界で問題となっている“バイトテロ”。そんな企業の悩みを解決する「バイトテロ コンサルタント」と呼ばれるサービスに注目が集まっているという。

この日の放送では、バイトテロ コンサルタントの白岩大樹さんの仕事に密着。すると、店長が抱える昨今ならではの問題が浮かび上がった…。

なんでも最近の店長たちは、アルバイトをきつく叱れないという。

アルバイトをきつく叱るとシフトに入ってくれなくなったり、やめてしまったりするため、人手不足が深刻な飲食業界では、それらを恐れて感情を込めて注意できない店長が多いそうだ。

白岩さんは店長とアルバイトの関係を改善すべく、店舗で実際に接客しながら「アルバイトのミスを年長者が謝ることで頼れる存在だとアピールする」「感情的にではなく、軽く何回も注意する」などの指導術でアルバイトを教育。この方法で“自分を気にしてくれる良い職場”だという気持ちをアルバイトに植え付けることが、バイトテロを未然に防ぐことに繋がるという。

このVTRを見終えたちさ子は、開口一番「おかしいよ!」と現代のアルバイト教育法に大激怒。一茂も「過保護のような気もする」と批判的な見解を述べた。一方、飲食店経営の経験があるゲストの花田虎上は「(バイトから)SNSを使って会社を陥れられる可能性もある」ため、「昔のように『オイ!何やってんだ!』っていうふうに(アルバイトを)怒れない」と白岩さんのやり方に理解を示していた。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
2019年6月21日(金)よる8:57~9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事