テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

東方神起、韓ドラリメイク『サイン』主題歌に!楽曲はスリリングなアップナンバー

遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていくドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』が、7月よりスタートする。

原作は韓国の大ヒットドラマ『サイン』(2011年)。主演の大森南朋をはじめ、松雪泰子、仲村トオル、飯豊まりえ、高杉真宙らが出演する。

©テレビ朝日

そんな同作の主題歌が、東方神起の歌う『ミラーズ』に決定した。

スリリングなアップナンバーのこの曲は、東方神起ならではのエモーショナルな圧倒的歌声で、よりハードで聴きごたえある楽曲となっている。

また、海外での評価も高いハイブリッドなロックバンド・BACK-ONのHi‐yunkが作曲と編曲、 中国でも活躍する新鋭シンガーソングライター中村月子が作詞を担当した。

◆タイトル「ミラーズ」に込められた思い

「ミラーズ」の「ミラー(鏡)」は映し出される「心」を意味。

真実と嘘との間で時に粉々になっても、いずれ綺麗に生まれ変わり、そしてまたヒビが入る…誰もがそんなことを繰り返すものではないか、という思いが込められている。

飯田爽テレビ朝日プロデューサーは、「『サイン』は毎回、終盤にひと展開あるつくりを意識しており、ラストにかけてのクライマックスを東方神起さんならではのエネルギッシュな楽曲が盛り上げてくれることを期待して、オファーをさせて頂きました」と、オファーに至った経緯を語る。

また楽曲については、「ゾクゾクするカッコよさでした!引き込まるようなリズムと曲調が、ドラマ『サイン』の緊迫感とこの上なくマッチすると思います。キーの高い歌声も特徴的で、神秘的な印象を受けました」とコメントした。

◆東方神起 コメント

※ユンホ コメント
「今回、主題歌を担当させて頂き、大変光栄に思っております。『ミラーズ』はまた新たなチャレンジを盛り込めた楽曲になっているかと思ってます。ドラマと合わさったときにどの様になるのかとても楽しみにしております」

※チャンミン コメント
「ドラマ『サイン』主題歌でご一緒することができ、嬉しく思ってます。『ミラーズ』は勢いのあるスリリングな楽曲なので、ドラマの展開ともとても合うと思います。ぜひドラマと一緒に僕たちの新曲も楽しんで頂ければ嬉しいです」

※番組情報:7月クール木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―
2019年7月11日(木)スタート!【毎週木曜】午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事