テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

マリコ(沢口靖子)の相棒務めた刑事(平岡祐太)に殺人疑惑!事件は緊迫の事態へ…

シリーズ20周年、そしてテレビ朝日開局60周年と2つの大きな節目を記念し、2020年3月まで1年間のロングラン放送に挑んでいる『科捜研の女』

©テレビ朝日

6月6日(木)に放送される第8話では、京都〜和歌山で起きた2つの事件が衝撃の局面に。

休暇先でマリコの相棒を務めた刑事・熊谷馨(平岡祐太)にまさかの殺人疑惑…。マリコは科学の力で緊急事態を阻止することができるのか?

◆第8話あらすじ

©テレビ朝日

京都で強盗傷害事件、和歌山で少女連れ去り事件を起こして逃走していた容疑者・新浜陽一(小柳友)が、刺殺体となって発見された。

新浜は少女のリュックのなかに隠した“大切なもの”を取り戻すため、逮捕される危険を冒してまで彼女を連れ回したに違いない――。

榊マリコ(沢口靖子)たちはそうにらんでいたが、“大切なもの”らしき所持品は見つからなかった…。

©テレビ朝日

その後、新浜が最初に起こした強盗傷害事件をマリコ達が調べ直すと、その事件の目的が全く別の所にあることが分かって…!?

しかも、新浜を取り逃がした和歌山県警の刑事・熊谷馨(平岡祐太)が、新浜と同郷の人間だとわかる。

©テレビ朝日

熊谷は何かを知っている――そうにらんだマリコはもう一度、和歌山に向かうが、事件はやがて多数の犠牲者を出しかねない緊迫の事態へと突入!

はたして、京都〜和歌山にまたがる事件、その奥底に隠されていた驚愕の真相とは…!?

※番組情報:テレビ朝日開局60周年記念 木曜ミステリー『科捜研の女』第8話
2019年6月6日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事