テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

紺野ぶるまの仰天行動に、ノブコブ吉村がフリーズ!高校退学を引き起こした“しくじり”

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

6月3日(月)放送の同番組では、「R-1ぐらんぷり」や「女芸人No.1決定戦 THE W」でたびたび決勝進出を果たすなど若手の実力派として人気を集めるお笑い芸人・紺野ぶるま(32歳)が“先生”として登壇。

2019年4月に一般男性と結婚したことを発表した紺野だが、一体どんなしくじりを語るのか?

◆「高校中退して大後悔しちゃった先生」

授業開始早々、教室のオードリー・若林に向けて「旦那さんが若林さんにそっくりなんです!」と結婚についての話をする紺野。しかし、今回語られるしくじりは、結婚に関することではないよう。

彼女がやらかしたのは、「高校時代に校長先生をおちょくって退学になっちゃった」というしくじりだ。

紺野は、「高校中退して大後悔しちゃった先生」として、中学までは真面目な少女だった自分がなぜ高校を中退することになってしまったのかを丁寧に振り返っていく。

◆校長先生“おちょくり”行動を教室で再現

©テレビ朝日

私立女子高に入学した途端、当時隆盛を極めていた雑誌『egg』の影響で“ギャル化”し、勉強・部活がおろそかになり、そのうち素行も悪化したという紺野。高校2年生のときには、「あと1回何かあったら退学だから」と告げられていたそうだ。

そんななか、紺野とは関係のないところで、あるトラブルが起きる。それは、先生同士の人間関係のトラブルだ。

他の生徒たちがこのトラブルに熱くなるなか、あまり興味を示さずにいた紺野だったが、タイミングや彼女の性格がまるで図ったように作用していき、結果的にこのトラブルが彼女が校長先生から“要注意人物”と見られる大きなきっかけとなってしまう。

そして、高校2年の冬、彼女は決定的なしくじりをやらかす。それが、校長先生をおちょくるという行動だ。

今回スタジオでは、平成ノブシコブシ・吉村を校長先生に見立て、退学への決定打となったその行動を再現する。吉村を文字通り“動けなく”させた仰天しくじり行動に注目だ。

そして、目的もなく学校をやめた紺野に待ち受けていた生活とは?

©テレビ朝日

地上波放送直後、深夜0時50分からお送りする「Abemaビデオ」では、紺野ぶるま先生授業の完全版をオンエア。

また、Abemaオリジナル企画「しくじり学園 特別進路相談室 シロちゃんクロちゃん」の第3弾もお届け。

さらに、過去の神回を振り返る「しくじり先生クラシック」も!

今回は、“男にすぐに浮気されちゃう先生”として登壇し、その衝撃の内容で話題をよんだダレノガレ明美先生による伝説の授業(2014年10月16日放送)を振り返る。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2019年6月3日(月)深夜0:20~深夜0:50、テレビ朝日

※「Abemaビデオ」紺野ぶるま先生完全版+「しくじり学園 特別進路相談室 シロちゃんクロちゃん」+「しくじり先生クラシック」は、6月3日(月)深夜0時50分~無料配信

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事