テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

部屋に見知らぬ女性の変死体!宗方(寺尾聰)が身元を割り出すも、事態は二転三転

井ノ原快彦扮する刑事ら「特捜班」のメンバーが、見事なチームプレイで難事件を解決していくドラマ『特捜9』

©テレビ朝日

5月29日(水)に放送される同作season2の第7話では、タワーマンションの一室で女性の変死体が見つかる。

第一発見者は、この部屋を仕事場にしている売れっ子シナリオライターとその妻。旅行から帰ってきて遺体を発見したが、被害者と面識はないという。

現場はセキュリティが厳重なタワーマンションの一室。身元不明の変死体、目撃者なし…。驚異の事件に特捜班が挑む!

◆第7話あらすじ

タワーマンションの一室で女性の変死体が見つかり、直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が臨場する。

遺体の頭部には傷があり、鑑識課の佐久間(宮近海斗)いわく、死後数日経っているらしい。また、この被害者の女性は住民ではないことがわかる。

©テレビ朝日

第一発見者は、この部屋を仕事場にしている売れっ子シナリオライター・皆川(近藤公園)と妻・悦子(櫻井淳子)。リフレッシュを兼ねた沖縄旅行から帰ってきて遺体を発見したが、被害者と面識はないという。

旅行中、民泊として部屋を貸し出していたという皆川の話を聞いた特捜班はそれに絡んだ事件ではないかと疑い、近隣住民に聞き込みを開始する。

また、マンションはセキュリティもしっかりしており、防犯カメラには出入りする人物達が映っていた。エントランスにある防犯カメラの映像をチェックしていた矢沢(田口浩正)は、被害者が殺害前日からマンションに来ていたことをつき止める。

しかし、現場に鍵はなく、しかも発見時は施錠されていたことから、被害者がどうやって部屋に入ったのか、さらに、カメラの映像に映ったときには持っていたバッグがなくなっているなど、謎は深まるばかり…。

©テレビ朝日

そんな中、班長の宗方(寺尾聰)が被害者の身元を割り出す! 被害者は落合美奈(上野なつひ)という名前の女性だった。

美奈のアルバイト先での聞き込みや、犯行当日の防犯カメラの映像を調べていくうちに、事態は二転三転。予想外の展開を見せ始める!

番組情報:『特捜9 season2』第7
2019年5月29日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事