テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

有安杏果『サクライブ2019』を放送!「私にとってもAnother storyの第一歩」

有安杏果が充電期間を経たはじめの第一歩として、3月24日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催した『有安杏果サクライブ2019 ~Another story』

同ライブの模様が、オリジナルインタビューと合わせて5月19日(日)にCSテレ朝チャンネル1で放送される。

有安杏果(C)アプリコット

バンドメンバーに続いて手を振りながら登場した有安杏果が1曲目に届けたのは、今回の公演のサブタイトルにもなっている『Another story』。続いて『ヒカリの声』と、赤いテレキャスターを抱えて歌いあげる。

また、彼女の歌声を待ち望んでいた満員のフロアから“杏果”コールが飛ぶと、有安自身も感極まり涙ぐむ場面も。「ただいまって言っていいのかわからんけど、ただいま!」と呼びかけると、「おかえり!」という声が反響し、会場が温かい空気に包まれた。

有安杏果(C)アプリコット

アコースティックギターを抱えて『ペダル』、ピアノ弾き語りで『心の旋律』などアーティスト・有安杏果としての可能性も存分に見せつけた有安。

後半戦では、『Drive Drive』『TRAVEL』『FANTASISTA』をパワフルにとどけると、観客はタオルを振ってそれに応え、フロアがさらにひとつにまとまった。

そして、ジャジーな楽曲『遠吠え』をリラックスした表情でパフォーマンスすると、まるでお返しのように『小さな勇気』ではフロアから大合唱が。ラストは『feel a heartbeat』を歌い上げて、本編を終了した。

◆有安杏果 コメント

有安杏果(C)アプリコット

「サクライブ東京公演は、520日ぶりの1人でのステージだったので不安や緊張も凄くありました。

歌えるステージがあること、たくさんのスタッフの方々がそのステージを準備してくださったこと、なにより私の歌を聴いてくれる人がいること。それを考えるとファンの皆さんはもちろん、関係してくださった全てのみなさんに本当に感謝しています。

私にとっても『Another story』の第一歩となったライブなので、そんな大切なライブを会場にお越しいただいた皆さん、そして会場に残念ながらお越しになれなかった皆さん、そ して初めて私を知ってくださる方、たくさんの方にテレビを通して観ていただくことができてとても嬉しいです」

※番組情報:『有安杏果 サクライブ 2019 ~Another story~ テレ朝チャンネル版(※放送内容は当日のセットリスト通りではございません。)
2019年5月19日(日)午後5:00~よる7:00、テレ朝チャンネル1

※スカパー!(ch.298)、プレミアムサービス(ch.611)、ひかりTV(Ch.556)、auひかりテレビサービス(Ch755)、J:COM(Ch.755)またはケーブルテレビでご覧いただけます。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事