テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

1日に5人の首を絞めた…賀来賢人、辛い撮影振り返る。吉田鋼太郎は「すごい先輩」

作家・薬丸岳の小説『死命』をドラマ化した『死命~刑事のタイムリミット~』が、5月19日(日)に放送される。

©テレビ朝日

ドラマ版の主人公である女性を狙った連続殺人事件を追う刑事・蒼井凌を吉田鋼太郎が、蒼井に追われるデイトレーダー・榊信一を賀来賢人が演じる本作。

刑事人生に心血を注いできた蒼井は、病で余命宣告を受けたことを機に、死の恐怖に襲われながらも残された時間を職務に注ぐことを再決意。犯人を突き止めて逮捕するため、捜査に没頭していく。

同じく病で余命宣告を受けたデイトレーダーの榊だが、命のタイムリミットに直面した彼はあろうことか、ずっと抑え込んできた殺人衝動に忠実に生きると決め連続殺人に手を染める。

余命宣告を受けた者同士でありながら、命との向き合い方も、悟った使命も相反する蒼井と榊。2人はヒリヒリする駆け引きを交錯させながら、スリリングな追走劇を展開していく。

以下、吉田と賀来の本作についてのコメントを紹介しよう。

◆吉田鋼太郎(蒼井 凌・役) コメント

「僕はいつも台本から得る人物像を頭に入れたうえで、イメージに合う誰かを思い浮かべ、その人になろうとしながら演じるんですよ。今回の蒼井については、僕自身が大好きで尊敬している柴田恭兵さんのイメージがいいんじゃないかな、と。

しかし、そうなると、僕なんかが入り込む隙間はないなぁ…なんて思ったりもしながら(笑)、蒼井を演じる日々でした。

今回は賀来賢人くんが演じる榊を相手に、“常に死と隣り合わせにある者同士の対峙”を演じるので、すごくテンションの高い芝居の連続でしたね! 賀来くんは見た目も繊細ですし、芝居にちょっと狂気をはらんだようなところもあるので、今回の役にピッタリだと思います。

また、蒼井とは対照的な部下を演じる中尾明慶くんも、とってもいいお芝居をされるんです!素晴らしい俳優さんたちと芝居を交わすことができて本当に幸せだなぁ、と思いました。

また、今回は少し気分が沈み込みがちになる題材を扱っているにもかかわらず、バイタリティーあふれる近藤一彦監督のおかげで、撮影現場もものすごく活気づいて、本当に充実していました!

『死命』は、罪を犯す榊の背景がとても切なく、悲しいお話です。その一方、“死を背景にした刑事と犯人の息詰まる攻防”の場面では、人々が一生懸命生きていて、自らの使命をまっとうしようとしている。

その使命が正しいものか否かはさておき、いろんな意味で手に汗握り、やがて涙し、『いいドラマだった』と思っていただける作品になるはずです。僕らもそのために頑張りましたので、ぜひご覧ください」

◆賀来賢人(榊 信一・役) コメント

「榊は闇を抱えた部分がとても強い人間なので、逆にそこじゃない“人間味のある部分”をどう表現するかに気を付けました。撮影では、彼が特殊な人間だとは思わず、誰でもそうなり得るな…と、危機感を持ちながら演じさせていただきました。

実は今回、1日に5人の首を絞めるという、僕にとっては初挑戦となる撮影もあったんです。演じるのはすごくつらかったです…。

今振り返っても、撮影期間中は常につらくてハードなシーンばかりでした。だから、なるべく本番以外は明るく過ごしました(笑)。とても緩急のある撮影でしたね。撮影期間も短かったので、連帯感がすごく大事な現場だったとも思います。

吉田鋼太郎さんとは直接絡むシーンこそ少なかったのですが、濃厚な場面があったので、緊張感がありました。鋼太郎さんの迫力というか、重みで押しつぶされないように必死でした。すごい先輩です! ただ、そんな鋼太郎さんとも空き時間になると、くだらない話しかしていませんでしたね(笑)。

この作品では、余命宣告をされた“真逆のベクトルを持つ2人の生き様”を、ぜひ見ていただきたいです。僕自身がもし余命宣告をされたら、どうするか…?そうですね…とにかくやり残したことをリストにして、片っ端からやっていきます」

※番組情報:ドラマスペシャル『死命~刑事のタイムリミット~
2019年5月19日(日)午後9:00~午後11:05放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事