テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ナイツ土屋、ネットを爆笑させた谷保健作(やほ・けんさく)刑事として再び登場

ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱いドラマを描き、大好評を博してきた人気シリーズ『警視庁・捜査一課長』

©テレビ朝日

4月21日(日)に放送される同作のスペシャルで、ナイツ・土屋伸之が昨年のレギュラー放送で大反響をよんだ刑事・谷保健作(やほけんさく)を再び演じる。

◆ネットを騒がせた、あの谷保健作刑事が本庁に異動

©テレビ朝日

ナイツ土屋は、相方の塙宣之が“運転担当刑事”の奥野親道(おくのちかみち)としてシリーズに出演中という縁から、2018年4月クールの『警視庁・捜査一課長season3』第8話(2018年5月31日放送)に、亀井戸署の刑事・谷保健作として登場。初めての刑事役に挑戦した。

もちろん、谷保健作とは、ナイツの言い間違いネタ“ヤホー検索”をもじった役名

前回出演時は内藤演じる大岩一課長に「谷保(=ヤホー)が検索した結果を見せてくれ!」と頼まれ、「はい、こちらが谷保(=ヤホー)の検索結果です」と言いながら重要情報を手渡すというやりとりを大マジメに繰り広げ、「面白すぎる!」「すっごいネーミング!」「また出てほしい」などと、ネット上で大きな話題を巻き起こした。

その検索結果が容疑者逮捕につながったことで彼は大岩一課長に認められたのか、なんと今回、谷保が所轄から本庁に栄転!“警視庁サイバー事件対策室”の刑事となって登場する。

しかも、初出演時よりも大幅に出演シーンが増え、セリフも検索もパワーアップ。谷保にしか言えない決めゼリフ=「谷保の検索結果です」を今回も聞くことができるのか?

◆「いつかこの手で犯人を確保したい!」土屋の熱演を内藤が称賛

©テレビ朝日

前回出演した際も、「すごいプレッシャーでした…」と緊張を語っていた土屋。2度目の登場となった今回も「セリフが増えていて、マズいと思い、めちゃくちゃ練習しました。なのに、本番当日、内藤さんと目を合わせた瞬間、スコンと抜けてしまいました」とやはり緊張しながら演技に臨んだことを告白。

しかし以前は「2回目の出演がありそうな役名ではないので…(笑)」とレギュラー加入を謙虚に否定していた土屋も、谷保が本庁勤務になったことを受け、「いつかこの手で犯人を確保したいです!」と戦列入りへの野望をチラリと見せた。

そんな土屋の熱演を、内藤は「非常に素晴らしかったです。もう役者として食っていけると思う…というか、完全に俳優仲間だな、と認識しました」と大絶賛した。

土屋がゲスト出演する本スペシャルで描かれるのは、東京とニューヨークで同じ日に、“サトウ・アキラ”という同じ名前の日本人が殺害される、という不可解な事件。

大岩一課長はFBIから派遣されてきた特別捜査官・神林瑤子(鈴木紗理奈)とタッグを組んで、全世界を巻き込んだ前代未聞の難事件に挑んでいく。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長』スペシャル
2019年4月21日(日)夜9:00~夜11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事