テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

谷原章介『未解決の女』SPでツンデレ京都弁刑事に!武田真治はボディガード役

2018年4月期に連続ドラマとして放送され人気を博した『未解決の女 警視庁文書捜査官』

©テレビ朝日

2019年4月28日(日)にスペシャルドラマとなって復活する本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するミステリーだ。

スペシャルでは朋&理沙が東京と京都を股にかけ、同じ漢字が3つ連なる“品字様”の文字がカギとなる“平成最後の未解決事件”に挑むことに。今回、本作を盛り上げる新たなキャストたちが決定した。

◆追加キャストに谷原章介&武田真治&中村俊介

©テレビ朝日

品字様連続殺人事件の捜査で、朋&理沙が所属する警視庁「特命捜査対策室」第6係と連携を取る京都府警の捜査一課刑事・国木田哲夫を演じるのは、谷原章介

敏腕刑事である国木田は第6係が従事する“文書捜査”に対し、当初は懐疑心を丸出しにしながらも捜査に協力。品のある京都弁を操り時折ちょっぴり鼻につく言葉を放ちながらも、やがては朋に好意を寄せていくなど、どこか憎めないツンデレ気質な男を演じる。

©テレビ朝日

さらに、捜査線上に浮かび上がる東京の最大手ソフトウェア企業「Wテクノス」で社長秘書をしている男・米須雅人を武田真治が熱演。

社長のボディガードも兼任している米須は、聞き込みにやってきた朋と国木田を門前払いするなど一分の隙もない男。そんな男を武田が独特の雰囲気を漂わせながら立体化し、捜査を撹乱する。

©テレビ朝日

そして、米須が奉仕する「Wテクノス」の社長で、被害者との接点が疑われる涌井徹に扮するのは、中村俊介。サッカーチームを買収したり、常にモデルなどの美女と交際しているなど羽振りがよくてイケすかない涌井を、時にチャラく、時に怪しく演じていく。

次々と登場する一筋縄ではいかない男たち。彼らを相手に、朋&理沙の最強女刑事バディはどんな捜査を展開していくのか?

※番組情報:『未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』
2019年4月28日(日)午後9:00~午後11:05放送、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事