テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『しくじり先生』復活!“史上最悪”クロちゃん先生の本音に、収録ボイコット宣言も

本日4月1日(月)、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』のレギュラー放送が復活を遂げる。記念すべき復活第1回目に教壇に立つのは、安田大サーカス・クロちゃんだ。

©テレビ朝日

クロちゃんが教室に入ってくると、誰が来るかと教室で待ち構えていた若林正恭(オードリー)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、澤部佑(ハライチ)、高山一実(乃木坂46)、福田愛依、真野恵里菜は騒然!

そんななか、クロちゃんはさっそく自身に関する“しくじり数字”を発表する。それは、「25万円」というもの。

これは一体、クロちゃんの何を表す数字なのか? まさかの解答とそこにある考え方に、授業開始直後から教室は大荒れとなる。

◆若林「終わりだよ!今日の授業」

そうして始まった授業。今回クロちゃんは、努力せずに甘い汁ばかりを吸ってきちゃった先生、通称“甘汁モンスター”として登場し、楽な道ばかりを選んできた自分の人生を反省する。

そもそも“甘汁モンスター”とは、何なのか?

クロちゃんは自ら、「口癖は『働いたら負け』」、「他人の金で暮らしたい」、「自分がうまくいかない時は全て世の中のせい」などとその特徴を説明し、生徒たちに批難を浴びてもまったく悪びれる様子はない。

©テレビ朝日

さらに、収録中にクロちゃんがしでかした失態や戦慄の“本音”発言により、教室は学級崩壊の危機に! 若林が「終わりだよ!今日の授業」や「前の深夜(時代)でもこんな回なかったぞ!」と叫ぶほどの混乱状態となる。

しかし、そこまで至ってもこの“甘汁モンスター”が悪びれることはなく、クロちゃんの言動や考えをとがめた高山・福田・真野ら女性陣は、なぜかクロちゃんの饒舌に言い負かされてしまう展開に…。

これには若林や吉村も「なんで頭の回転は速いんだよ」「討論強いな」などと思わず感心する。

◆クロちゃん(=甘汁モンスター)を倒す唯一の方法とは?

そのほかにも、「高校に入学するための方法」や「大学に行きたかった理由」、そして「芸能界に入ったきっかけ」について驚きの発言を連発するクロちゃん。

自身の優しい妹にまつわる衝撃的な出来事も明かされ、教室には怒号や悲鳴が飛び交うことに…。ついには、若林がクラス全員に「(みんなで)楽屋に帰らない?」と収録ボイコットを提案する展開にまで発展する。

©テレビ朝日

そんななかクロちゃんは、「甘汁モンスターを倒す唯一の方法」を発表するが、そこから話は意外な方向へ。

クロちゃんは、なぜお笑い芸人としてやっていくことが出来たのか? そのキーマンは、安田大サーカスの団長安田だった。クロちゃんの口から語られる、団長への恐怖、団長への感謝、そして、団長によって心が動かされたエピソード…。

テレビ番組やSNSでたびたび堂々とウソをつくことでお馴染みのクロちゃんだが、『しくじり先生』の教壇ではやはり、真に考えている思いや本音が続々飛び出していく。

ヤバい本音、危ない本音、ドン引きな本音、クズすぎる本音……そして、最後に出てくる温かい本音。クロちゃんが“自発的に”近しい人のためを考えてやった行動とは? レギュラー放送復活1回目から大爆発となるクロちゃんによる『しくじり先生』。絶対に見逃せない!

そして、今回の復活では「AbemaTV」と完全連動するのも大きな目玉。

地上波放送直後、深夜0時50分から「Abemaビデオ」で配信される完全版では、AbemaTV限定となる“20分以上の未公開シーン”に加え、団長安田による「クロちゃんドッキリ企画」も行われる。

団長は、周囲に甘えて生きてきたクロちゃんを更生させるべく、ある提案を持ち掛けるが…?

 

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2019年4月1日(月)深夜0:20~0:50、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、毎週月曜深夜0:50から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事