テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

伊藤達哉、久保建英ら“最強世代”U22代表、アジアで絶対に負けられない戦いに臨む

2年に一度開催される「AFC U‐23選手権」。

23歳以下のアジアナンバー1を決めるこの大会は、来年1月8日からタイで本戦が行われ、東京五輪アジア最終予選を兼ねる。その本戦出場をかけた予選が、3月22日(金)から26日(火)までミャンマーで開催される。

ドイツで活躍する伊藤達哉、世界的名門マンチェスター・シティと契約して話題となった板倉滉(※オランダのフローニンゲンへ期限付き移籍中)、Jリーグでハイレベルなプレーを披露している日本の至宝・久保建英ら大注目の“東京世代”。

A代表を兼任する森保一監督のもと、いよいよ2020東京五輪に向けた戦いに挑む。

今大会では、U‐22日本代表がマカオ・東ティモール・ミャンマーと激突。総当たりで上位1位と他グループも合わせた各組2位の中から成績上位4チーム(※本戦開催国のタイが入った場合には5チーム)が本戦出場権を勝ち取れる「絶対に負けられない戦い」となる。

“東京世代”には、既にA代表で活躍する堂安律・冨安健洋もいる。海外組だけでなく国内組も有能なタレントが揃い、最強世代とも謳われる。

写真・アフロ

今大会招集メンバーは、DF板倉滉(フローニンヘン/オランダ)、MF中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)、19歳で浦和レッズのレギュラーとして活躍する橋岡大樹(浦和レッズ)、MF三好康児(横浜・Fマリノ今大会招集メンバーは、伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)、飛び級で選出の17歳久保建英(FC東京)、超快速FWの前田大然(松本山雅FC)など、この世代の主力メンバーが順当に選ばれた。

来年の東京五輪で金メダルを目指す森保ジャパンにとって重要な大会となる「AFC U‐23選手権」。2016年大会で激戦に次ぐ激戦を制して優勝したリオ世代(中島翔哉、南野拓実、遠藤航ら)のように、アジアチャンピオンとして東京五輪へ…。期待が高まる。

“東京世代”が挑む「AFC U‐23選手権 タイ2020予選」は、日本戦全3試合をCSテレ朝チャンネル1・2で緊急独占生中継。

※AFC U‐23選手権 タイ2020予選 U‐22日本代表メンバー
■GK
1 小島亨介/大分トリニータ
12 オビ パウエルオビンナ/流通経済大
23 波多野豪/FC東京
■DF
4 板倉滉/フローニンゲン(オランダ)
14 原輝綺/サガン鳥栖
19 大南拓磨/ジュビロ磐田
20 橋岡大樹/浦和レッズ
21 町田浩樹/鹿島アントラーズ
22 立田悠悟/清水エスパルス
■MF
2 藤谷壮/ヴィッセル神戸
3 中山雄太/PECズヴォレ(オランダ)
5 杉岡大暉/湘南ベルマーレ
6 長沼洋一/愛媛FC
8 伊藤達哉/ハンブルガーSV(ドイツ)
10 三好康児/横浜F・マリノス
11 遠藤渓太/横浜F・マリノス
13 岩崎悠人/北海道コンサドーレ札幌
15 久保建英/FC東京
16 齊藤未月/湘南ベルマーレ
17 松本泰志/サンフレッチェ広島
■FW
7 前田大然/松本山雅FC
9 上田綺世/法政大
18 田川亨介/FC東京

※放送日時
・日本×マカオ(テレ朝ch2)
3月22日(金)午後5:25~よる7:35
・日本×東ティモール(テレ朝ch1)
3月24日(日)午後5:25~よる7:35
・日本×ミャンマー(テレ朝ch2)
3月26日(火) よる8:25~11:05

※CSテレ朝チャンネル
スカパー!、スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光、ひかりTV、auひかり、J:COM、またはケーブルテレビでご覧いただけます。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事