テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

新元号発表日に『雑学王』放送!太田光、発表の時間と重なったら「困るなぁ」

爆笑問題の司会のもと芸能人たちが雑学クイズに挑む特番『芸能人雑学王最強No.1決定戦』が、4月1日(月)に放送される。

約1年半ぶりとなる今回は、「平成最後」だからこそぜひとも知っておきたい雑学良問&難問を出題。敗者復活戦も含めて全5ステージにもおよぶ壮大なサバイバル戦を展開する。

©テレビ朝日

最新バトルには、直近2回(2017年春および秋)の雑学王決定戦で二連覇を達成した不動のクイズ女王・麻木久仁子が三連覇を目指して登場。そして、麻木と双璧をなすクイズの女王・宮崎美子、やくみつる、伊集院光ら『雑学王』における歴戦の強者も続々と参戦する。

そんな“往年の雑学芸能人”の前に立ちはだかるのは、“新進気鋭の若手芸能人”と“旬の人気芸能人”。

おなじみのモノマネ持ちネタである船越英一郎の扮装で「“正解”という名の犯人を捕まえようと思ってる」と意気込む福島善成(ガリットチュウ)や、『みんなで筋肉体操』で注目を集めた弁護士・小林航太ら、雑学知識に関しては未知数の面々が立ち上がり、「芸能人雑学王最強No.1」の称号をめぐる白熱バトルを繰り広げる。

◆番組史上初!オーディションを勝ち抜いた期待の新星・森田舜も参戦

また今回は、同番組初の試みとしてオーディション枠も設置。このたび“雑学クイズ界の新星”として本戦参加権を獲得したのは、東京大学・大学院を卒業した平成4年生まれの頭脳派俳優・森田舜だ。

爆笑問題も期待を寄せる森田。彼はこの大舞台で足跡を残すことができるのか?

◆爆笑問題 コメント

――今回は“平成最後の雑学王”。今の率直なお気持ちをお聞かせください

太田光:「“平成に始まった番組(※平成19年=2007年スタート)”が“平成最後”を迎えるということで、感慨深いものがありますよ。これからタイトル、どうするのかなぁと思って…」

田中裕二:「タイトルでは“平成”って、まったく謳ってないからね!」

太田:「あれ?『芸能人平成雑学王』じゃなかった? でも、またやらせてもらうのは、うれしいですね」

田中:「今回は放送日が4月1日。新しい元号が発表になる日にやるということでね」

太田:「困るなぁ。新元号発表の時間と重なって、臨時ニュースとかやられたら」

田中:「確かに、そうだね! 発表はぜひ昼間にしてほしい(笑)」

――収録の手応えはいかがですか?

太田:「いやぁ、面白いよね! 予想通りにはいかないし。かといって、やっぱり強い人は強いしね。これぞ、この番組が長い歴史で作ってきた醍醐味ですよ!」

田中:「ホントそうなの。しかも、今回はオーディション枠があってね。東大卒で、ものすごく頭のいい森田舜くんという人が選ばれたんですよ。頭のいい猫ひろしみたいな風貌なんですけど(笑)、過去のいろんな雑学を全部調べて勉強してきたそう。これは新しいアプローチですよ!」

太田:「彼のおかげで、雑学バトルもどんどんレベルが上がってると思いますよ。個性派俳優になりそうな特徴的な顔で、かなりインパクトも強いと思うし、これからドラマのオファーも来るんじゃないかな? そのときはぜひ“雑学太郎”という名前で…」

田中:「いいじゃん、“森田舜”って名前で(笑)」

太田:「ゆくゆく『相棒』にも、ぜひ出てほしいですね!」

――視聴者の皆さんにもぜひ、メッセージをお願いします

田中:「平成最後にいろんな雑学を学んで、オンエアの翌日、学校や職場で言っていただきたいと思います。そうこうしているうちに新しい元号に変わりますが、この番組は新しい元号になっても、続けていきたいと思いますので、ぜひ楽しんで見てください」

太田:「まぁ、田中はこう言ってますけどね、僕は翌日だけと言わずその次の日も…(笑)。この雑学を常にみんなの会話のきっかけにしてほしいですね。ぜひ楽しんでいただきたいと思います」

※番組情報:『芸能人雑学王最強No.1決定戦~2019春~平成最後だから知っておきたい超良問50連発SP』
2019年4月1日(月)午後7:00~午後9:48、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事