テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

浜田雅功「こんなにヒドイ回ない」『格付け春SP』で番組史上最大級の波乱

3月19日(火)、芸能人たちが一流のプライドとメンツを懸けて6つのチェックに挑む『芸能人格付けチェックBASIC~春の3時間スペシャル~』が放送される。

©ABCテレビ

お正月の格付けチェックが一流品を見極めるのに対し、今回は芸能人たちが「基本的なこと」「当たり前のこと」がわかっているかをチェックする。

「赤ワインと白ワインを飲んで赤ワインをあてる」「肉と魚を食べて肉をあてる」など、当てて当然のチェックに当初は自信満々の芸能人たちだったが、やがて格付けマスター浜田も「こんなにヒドイ回ない!」と嘆くほど波乱に満ちた展開に…。

「一流からのスタートじゃないのがカチンとくる!」と鼻息が荒いのは、ベテラン俳優の笹野高史。昨年春のBASICでは二流芸能人に終わったものの「(今年も)もちろん自信はあります!」と意気込む大女優・松原智恵子とチームを組む。

そして、「私たちはアカデミックな演劇教育を受けていますから」と胸をはるのは、同じ短大の演劇科出身という高畑淳子南果歩

一方、「私たちは叩きあげですから」というのはIKKO。同い年で「一流芸能人は世間一般のことあまり知りませんから(笑)」と語る伍代夏子とチームを組んで参戦する。

そんななか「もう自信しかないですね!」と言い切るのは、「チーム国民栄誉賞」として参戦する吉田沙保里。格付けマスターの浜田雅功が「これであなたたちが消えたら一番面白い」と話を振ると、チームメイトの澤穂希が「普通のことをしてたら世界一はとれないんで!」と貫禄を見せつける。

さらに、「小説も書かせてもらってますけど、小説はもうインスピレーションで書きますから!」と直感には自信ありげな加藤シゲアキと、「自分はジャニーズの中では一番普通の人だと思う」という増田貴久のチームNEWS、「10周年を迎えたので、一流をめざしにきました」というチームSKE48が参戦。

唯一お笑い芸人からの出場となるロバートも、「ボクシング問題でも梅宮さん問題でも行けます(笑)」と妙な自信をのぞかせる。

出来て当たり前のチェックに、芸能人や国民栄誉賞アスリートたちがまさかの大苦戦?! 番組史上最大級の波乱の展開となった今回の格付けチェック。最後に笑った芸能人、泣いた芸能人は? そして画面から消え去る屈辱を味わった芸能人は誰なのか!?

※番組情報:『芸能人格付けチェックBASIC ~春の3時間スペシャル~
2019年3月19日(火)午後7:00~午後9:48、ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事