テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

風間俊介、自身の“原風景”は「ジャニーズのオーディションを受けた場所」

2019年4月8日(月)からスタートする「テレビ朝日開局60周年」を記念した倉本聰氏作の帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)~道』

同作の記者会見が3月13日(水)に都内で行われ、脚本家の倉本聰と石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこら主な出演者22名が登壇した。

◆風間俊介、「やすらぎの刻出演は自分へのプレゼントに」

©テレビ朝日/テレ朝POST

今作は、2017年4月~9月に放送された『やすらぎの郷』の“その後”と、『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が描いたストーリー『道』、2つの世界が絶妙に絡み合う物語で、1年間に渡って放送される。

今回『道』パートに出演し、清野菜名演じるヒロインの夫・根来公平の青年期を演じる風間俊介は、「ここに登壇させていただいて改めて、俳優人生のみならず僕の人生にとっても大きな意味をしめる作品に参加させていただいていると、ひしひし感じています」と、錚々たるベテラン俳優陣に囲まれながら感慨深げな表情。

続けて、作品内に「自分へのプレゼントだ」というセリフがあると話し、「後々の歳を重ねた自分にとってのプレゼントにもなるよう、しっかりと演じていきたいです」と力強くコメントした。

©テレビ朝日/テレ朝POST

また、風間が出演する『道』パートではふるさとの原風景がテーマになっており、「自身の原風景は何か?」と質問が飛ぶ場面も。

風間は、「23年前ぐらいにテレビ朝日の第1リハサール室、“1リハ”ってみんな呼んでいたんですけど、そこでジャニーズ事務所のオーディションを受けました。僕ら世代はみんなそこから全てが始まった、人生が変わった、と思うんです」と答える。

続けて、「“1リハ”はもうなくなってしまったんですけど、いまでも心の中にあり続ける原風景はあそこです。今回も偶然テレビ朝日さんにお世話になるということで、原風景があって今があるのだと改めて感じています」と、ジャニーズ事務所のオーディションを回顧した。

ちなみに風間は、自身の使ったマイクを隣の浅丘ルリコへ回す際にハンカチで拭いてから渡すなど周囲への気遣いも見せ、現場でのスマートな立ち居振る舞いもうかがわせていた。

会見は、倉本聰を筆頭に前作からの出演者も今作で新たに加入した俳優陣も冗談を交えながら話しており、和気あいあいとした雰囲気のなか行われた。

©テレビ朝日/テレ朝POST

©テレビ朝日/テレ朝POST

そして、ベテラン俳優陣が多く出演するため、1年という放送期間に不安を覚える演者も多かったよう。加賀まりこは、「終わりまで生きているかだけが心配です(笑)」と話し会場の笑いを誘っていた。

※番組情報:帯ドラマ劇場 テレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻~道
2019年4月8日(月)スタート!毎週月曜~金曜ひる12:30~12:50、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事