テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

初代vs二代目!バチェラーが『ザ・タイムショック』で直接対決

革新的な“2人同時タイムショック”による「1対1学力タイムショック」など様々なクイズ形式を導入され、優勝者の決定まで毎回手に汗握るドラマチックな展開となる『ザ・タイムショック』。

©テレビ朝日

新たな元号が発表される直後の4月3日(水)、同番組が「平成最後の最強クイズ王決定戦SP」と題し放送される。

◆バチェラー、初代と二代目が直接対決!

『ザ・タイムショック』となって1回目は三浦奈保子、2回目は宮崎美子、3回目は宇治原史規がそれぞれ敗者復活戦を勝ち上がって優勝、そして前回4回目はカズレーザー(メイプル超合金)がついに悲願の初優勝を果たした。

今回は「平成最後の最強クイズ王」という称号を目指し、史上初の2連覇を狙うカズレーザー、決勝戦の常連・三浦奈保子はもちろん、やくみつる、宮崎美子といったクイズ番組の常連にして強豪と呼ばれる解答者が参戦。

さらに、メンサ会員で「タイムショック」初制覇を狙う岩永徹也、毎回好成績を収める棋士勢から東大卒の片上大輔、前回も大活躍だった阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)などクイズ王候補の新星も頂点を狙う。

©テレビ朝日

そして今回は、Amazonプライム・ビデオで配信され話題の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』の初代バチェラー久保裕丈と2代目バチェラー小柳津林太郎が揃って出場。容姿端麗、高学歴、高収入の2人が、1回戦の「1対1学力タイムショック」で直接対決する。

そのほか、ゴールデンボンバー歌広場淳、NON STYLE井上、プロレスラーの棚橋弘至、皆藤愛子らが初出場。同じく初出場のジャーナリスト・萩谷順は、70歳で「タイムショック」歴代最年長出場記録を更新する。

知識だけでなく瞬発力と精神力を駆使した“平成最後の最強クイズ王”の座をめぐる壮絶な戦い、注目だ。

※番組情報:『ザ・タイムショック』平成最後の最強クイズ王決定戦SP
2019年4月3日(水)よる7:00〜9:48、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事