テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高嶋ちさ子、妻を絶望させる言葉クイズに挑戦し…自身が夫によく言う言葉で大正解!

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にする石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子の3人が集結し、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』

©テレビ朝日

3月8日(金)に放送された同番組では、妻の不機嫌や怒りの理由を前提に夫側からの対策をまとめた黒川伊保子氏の話題の著書『妻のトリセツ』をピックアップ。

「なぜ妻が怒るのか」を具体例とともに紹介した同書をもとに、“妻を絶望させるセリフ”について3人が考えた。

◆高嶋ちさ子の夫への言葉が…

この企画の中で驚きの展開が起こったのは、「仕事から帰ってきて家でくつろいでいる妻に対して…」というテーマの“妻を絶望させるセリフ”を考えているときのこと。

一茂は、“絶望させない”一言として「ベッドで寝たら」と、良純は“絶望させる”一言として「寝てなよ」と、それぞれ夫の立場から逆の考えで同じような言葉を出すなか、働く妻であるちさ子も回答者に。

ちさ子の家では、夫が家でくつろいでいるところにちさ子が帰ってくるという、この問題とは逆の現象がたびたび起こるそうで、ちさ子はその際、あえて夫を絶望させようと思って「今日何してたの?」とよく言うという。

そして、進行役のサバンナ・高橋より発表されたこのテーマでの“妻を絶望させるセリフ”は、まさにその「今日何してたの?」だった。

黒川氏の解説によれば、この言葉が妻を絶望させてしまう理由は、「家事が思うようにできなかった妻には、さも『一日中家にいて、家事も満足にできないのか』と聞こええてしまう」というもの。

ちさ子によるまさかの“ビンゴ回答”にスタジオは大盛り上がり。ちさ子はさらにこの一言について、夫にはいつも「それだけは聞かないで」と返されると明かしていた。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
2019年4月からレギュラー放送スタート!毎週金曜よる9時~、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事