テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

“萌え英会話”でおもてなし メイドカフェが外国人観光客に大人気

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。

現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している。

今回、修造が訪れたのは東京・秋葉原のとあるビル。

「お帰りなさいませ、ご主人様!ご主人様のご帰宅をお待ちしていました!」(hitomiさん)

©TOKYO応援宣言

出迎えてくれたのは、メイドカフェで働くhitomiさんだ。

hitomiさんはメイド歴14年でお店の経営にも携わる、いわば“レジェンド”。メイドカフェではおなじみという、“ある技”を考案した人物でもあるという。

「萌え萌えきゅ~ん!」

その名も「愛込め」。食べ物や飲み物にポーズともに愛情を込める、今ではどの店でも見られる定番の技だ。

©TOKYO応援宣言

来たる2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、hitomiさんはこのメイドカフェの文化を海外にも発信していきたいと考えている。

「秋葉原は今、すごく海外の人が増えていて、そういう面で秋葉原という街が東京2020に向けて、色んなことが出来るなと思っています。

日本を代表する“ポップカルチャー”の1つとしてメイドカフェを提供したいと思いますし、日本にこういう新しい文化があるというのを楽しんで欲しいなという気持ちがありますね」(hitomiさん)

◆新人メイドには英会話講座を義務付け

2016年リオオリンピックの閉会式の一幕。日本の“アニメ”や“ゲーム”のキャラクターが登場し、世界中に発信されたのは記憶に新しいだろう。

メイドカフェも日本のポップカルチャーの1つで、その発祥地・秋葉原は外国人観光客に大人気だ。hitomiさんのお店だけでも、なんと年間およそ10万人が訪れている。

©TOKYO応援宣言

その海外からの観光客により楽しんでもらうため、hitomiさんが中心となって始めたことがある。

それは新人メイドたちに義務付けている英会話講座だ。しかも、ただの英会話ではなく、メイド流のおもてなしの心が込められているのだ。

「ここで習う英会話は、“萌え英会話”。日本に遊びに来る外国人の方というのは、日本語を求めている方がすごく多いんです。

簡単な日本語を交えながらジェスチャーをすると、一緒に日本語を喋ってくれるので、あえて日本語もたくさん織り交ぜながらお話したりしています」(hitomiさん)

メイド文化だけではなく、同時に日本の文化も提供し、笑顔になってもらう。これがhitomiさんの考えるメイド流のおもてなしだ。

そしてもう1つ、hitomiさんには2020年に向けた夢がある。

©TOKYO応援宣言

「聖火ランナーをやりたいです。1歩2歩でもいいので、メイド服でこの秋葉原を走れたら、メイドという文化をたくさんの人に知ってもらえると思います」(hitomiさん)

hitomiさんのできる宣言は「秋葉原から世界中のご主人様・お嬢様に最高のおもてなしを!完全ご奉仕宣言!」。

国内にとどまらず、海外にも“メイド”の文化を発信したい――修造はその熱い思いにエールを送った。<制作:TOKYO応援宣言>

©TOKYO応援宣言

※番組情報:『TOKYO応援宣言
毎週日曜あさ『サンデーLIVE!!』(午前5:50~)内で放送、「松岡修造の2020みんなできる宣言」も好評放送中、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事