テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高嶋ちさ子の告白にスタジオ騒然!サバンナ高橋は思わずカメラ目線で「お父さん!」

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にする毒舌トリオ、石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子が集結し、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる番組『ザワつく!金曜日』

©テレビ朝日

3月8日(金)に放送される同番組では、妻の不機嫌や怒りの理由を前提に夫側から対策をまとめた黒川伊保子氏の著書『妻のトリセツ』をピックアップ。

「思い当たる節が多くて耳が痛い」「結婚して15年、もやもやがスッキリした」といった感想とともに大ヒットを記録している本をもとに、「妻を絶望させるセリフ」について考えていく。

◆家事に疲れた妻にかける言葉とは?

スタジオでは、夫でもある良純と一茂に「家事が大変だと訴える妻に対して」どのような言葉をかけると妻を絶望させてしまうのかという質問が。

普段から妻に相当気を遣っていると見受けられる一茂。「これについては俺は自信がある」とドヤ顔で言い切るが、「絶望させる言葉は分かっているから言わない」とまさかの発言拒否。

良純・ちさ子だけでなく、客席からも「えーっ」という不満の声が上がるなか、それでも「これは俺の家庭の問題だから」と断固拒否か…と思いきや一転、「絶望させない言葉は言えます」と豪語する。

一茂が妻を絶望させない一言とは? そして、一茂が自信を持って妻を絶望させないという言葉は正解なのか!?

©テレビ朝日

また、「仕事から帰ってきて家でくつろいでいる嫁に対して、絶望させる一言は?」という問題も。

そこでちさ子が“夫を絶望させようと思って言い放つ一言”を言うと、一茂・良純は絶句。

「夫が『それだけは聞かないで』と言うけど、私は絶望させようと思って言う」という強烈な絶望ワードとは? 一茂・良純もタジタジの“ちさ子節”が炸裂する!

◆ちさ子の「夢の世界」体験話にスタジオ騒然

©テレビ朝日

さらに、豪華客船の旅に行きたいというちさ子のために、最近の豪華客船による旅事情を紹介。クルーズマスターの称号を持つ専門家からいくつかの旅を提案してもらうが、ここでちさ子は若いころに親に内緒で豪華客船に乗ってしまった過去をカミングアウトする。

それは26歳のころ。マイアミのオーケストラにいたちさ子は、ふと見た豪華客船にどうしても乗りたくなり、父親のクレジットカードを黙って使って乗ってしまったそうだ。

「うちの父親は知らないけど」の一言にサバンナ・高橋茂雄は「今初めて!?」と言うと、カメラ目線になり「お父さん、覚えてます? 1回お金がガサっと落ちたのはコレです!」と呼びかけた。

これにはちさ子も「本当にそう、1回がさっと落ちたと思いますよ」と大爆笑。おかげで豪華客船に乗り「夢の世界」を毎日体験したという。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
2019年3月8日(金)よる8:57~9:54、テレビ朝日系24局
2019年4月毎週金曜よる9:00レギュラー放送スタート

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事