テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

MLB選手を翻弄、侍Jの新サブマリン・高橋礼 アンダースロー転向きっかけは“バント処理”

3月9日(土)に行われる「侍ジャパンシリーズ2019 日本×メキシコ」。

今回、侍ジャパンに選ばれたメンバーは27人中26人が平成生まれと若手主体となっている。

稲葉篤紀監督が「まだ見ていない力のある選手を試す最後のチャンス」と言うように、今年11月の「世界野球プレミア12」、2020年東京五輪のメンバー入りに向けて、若手にとっては大きなアピールチャンスとなる。

そんな中、国際大会で侍ジャパンの懐刀として期待されるのが、変則投法・アンダースローの投手だ。過去には渡辺俊介、牧田和久らがWBCなどで、輝きを放ってきた。その系譜を受け継ぐ新たなサブマリンが、ソフトバンク・高橋礼(23)だ。

©テレビ朝日

身長188センチとアンダースローの選手の中でも背が高い異色の投手で、昨年11月の「日米野球」では、ルーキーながら侍ジャパンに初召集。

最速144キロのストレートで、ナ・リーグ新人王のアクーニャJr.など、名だたるメジャーリーガーを沈黙させ、自責点ゼロの快投を見せた。

サブマリン投手として頭角を現している高橋だが、アンダースロー投法に転向したきっかけは意外なものだった。

◆「ひょっとしたら横からの方が…」

高橋は、野球を始めた小学校の頃からピッチャー一筋。当時オーバースローだったが、ピッチャーとして取り柄がなく、中学では4番手だった。

©テレビ朝日

転機が訪れたのは、中学2年生のとき。早稲田大学の野球部出身で、斎藤佑樹とプレーした経歴を持つ新佐古剛人さんがコーチに就任し、高橋の“ふとしたプレー”に可能性を見出したのだ。

「ある時、私がノックを打っていて、ピッチャーのフィールディング練習をしていた時がありまして。彼がバント処理で、横からピッとサードにスローイングしているのを見て、『ひょっとしたら、横からの方がいいのかな』と、少し直感的に思いました」(新佐古さん)

©テレビ朝日

そして、新佐古さんは「どっちみち駄目なら一回変更してみれば」と、高橋にアンダースロー転向を持ちかけた。

突然の提案だったが、高橋はあっさりと転向を決断。そこにはピッチャーとして譲れない思いがあった。

「オーバースローで上手くいかなかったから、まずサイドスローにして、そこからアンダースローにしてって言う風に思いました。俺はピッチャーがしたい、勝ちたいと思って、アンダースローにしました」(高橋)

体の使い方をゼロから学ぶ試行錯誤の日々だったが、持ち前の負けん気で努力を重ね、4番手ピッチャーは半年後、エースへと上りつめた。

「身体の回転は、横からの方が力が入りますし、 凄く良い決断だったと思います。本当に、新佐古コーチにはよく気づいていただきました」(高橋)

◆もう一人の“恩人”

高校進学後も、2年生からエースとして活躍していた高橋だったが、強豪校のエースへと上り詰め“慢心”が生まれていった。

「強いチーム、高校に入れたというのもあって、野球は簡単だと思っていました。野球をなめているというか、甘く見ていた自分がいました」(高橋)

そして、2年生秋の地区大会で“事件”は起きた。

高橋が打ち上げた平凡なフライを相手が落球したにも関わらず、諦めて走ることをやめていたため、高橋は一塁でアウトになってしまったのだ。

明らかな怠慢プレーに、当時野球部の部長だった森岡健太郎さんは、高橋を呼び出した。

「何で走らなかったんだ、諦めるのが早いと。彼の成長を止めていたものがパッと出たので、これをつぶさないといけないと思いました。あれだけの素材を持っていても埋もれる可能性もあったので」(森岡さん)

©テレビ朝日

高橋はそれから“慢心”を捨て、謙虚にプレーすることを学んだという。

「謙虚に野球をプレーしなさい、接していきなさいという風に言われたので、ピッチャーとして人間として成長するために、どういう立ち振る舞いをしなければいけないのかというのを森岡先生には教えてもらいました」(高橋)

目の色を変え成長を遂げた高橋は、専修大学で日本代表に選出され、ユニバーシアードで金メダルを獲得。そして、2018年にソフトバンクにドラフト2位で入団した。

ルーキーイヤーとなった昨シーズンの日本シリーズでは、無失点に抑える好投を見せ、チームの日本一連覇にも貢献した。

©テレビ朝日

「成長した部分が、プロの世界でも結果を出せることに繋がっていると思うので、しっかり恩返ししたいと思います」(高橋)

そして来る3月9日(木)、侍ジャパンとして日米野球から2度目の日の丸を背負う。

「自分がアンダースローとして、外国人のバッターの嫌な存在になれるよう、活躍したい気持ちは強くあります。牧田和久さんと渡辺俊介さんに追いつきたいという気持ちは強くあるので、同じ舞台に立てればいいなと思います」(高橋)

今年11月の「世界野球プレミア12」、2020年東京五輪に向けて――侍ジャパンの新サブマリン・高橋が、代表入りへ名乗りを上げる。<制作:テレビ朝日野球>

『侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ』

3月9日(土)よる6時56分~ テレビ朝日系列にて生中継

よる9時54分~ BS朝日にてリレー中継(※試合終了時はハイライト)

 

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事