テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

歌手・神野美伽、骨に穴あく病気で両足手術。付き添ってくれた友人の手紙に涙

3月5日(火)に放送される『徹子の部屋』に、デビュー35周年を迎えた歌手の神野美伽が登場する。

©テレビ朝日

リスフラン関節症の一種で骨に穴があき激痛が伴う病気を数年前から患っていた神野は、昨年12月20日に両足を手術した。

普段からステージ狭しと動き回り、演歌歌手とは思えぬ動きで足を酷使してきたことに加え、骨自体が生来弱く、実は今までにも数回手術を繰り返していたという。今回も始めは片足だけのはずだったが、直前で両足の手術に変更となり、さすがに驚いたと神野は語る。

クリスマスからお正月と街が華やぐ時期を病院で過ごし、今までにない仕事への不安や将来への不安を感じたという神野。病気の間、親身になり付き添ってくれた友達からの手紙を読み上げると堪え切れず涙がこぼれる。

©テレビ朝日

そんな神野は、2015年に作詩家の荒木とよひさと離婚した。しかし、作詩家と歌手という関係は以前と変わりなく、「尊敬する気持ち」も同じと現在の胸中を語る。

※番組情報:徹子の部屋
2019年3月5日(火)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事