テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

刑事の夫と捜査する“若おかみ”東ちづる、シリーズ第30弾で容疑者に

温泉旅館の若おかみが難事件を解決していく、東ちづる主演の人気シリーズ『温泉若おかみの殺人推理』。その記念すべき第30弾が、3月3日(日)に放送される。

©テレビ朝日

1994年から続く同シリーズは、若おかみ・中川美奈(東ちづる)が、大おかみ・政子(岡田茉莉子)の目を盗んで地元警察の刑事である夫・新太郎(羽場裕一)と殺人事件の捜査に乗り出すミステリーだ。

第30作の舞台は、大分・別府温泉。“地獄めぐり”や“別府海浜砂湯”など別府の観光スポットだけでなく、湯布院温泉にも足を延ばし、大分の魅力満載で送る。

そんな本作で最も衝撃なのは、美奈が容疑者になるという前代未聞の展開だ。“地獄めぐり”のひとつ、“海地獄”でフリーライターの撲殺死体が発見され、現場に美奈の愛用する銀の根付が落ちていたことから、若おかみが第一容疑者に。

事態を知った大おかみ・政子は「どんな事情があろうとも殺人事件に関連して警察に呼ばれた人に若女将を名乗らせるわけにはいかない」と降格を宣言。

さらに、新太郎の妹・由紀子(芳本美代子)がホテルに帰って来たため次期おかみの座も危うくなり、まさに若おかみにシリーズ史上最大のピンチが襲いかかる。

◆あらすじ

中川美奈(東ちづる)は、大分・別府温泉にあるホテルの若おかみ。夫の新太郎(羽場裕一)は地元署の刑事で、夫婦ともども、大おかみ・政子(岡田茉利子)のシゴキを受けながら、元気に働いている。

©テレビ朝日

ホテルで介護付き高級マンション“クラシックステージ”の説明会が催されることになり、社長の富山浩介(野村宏伸)と開発部長の浩二郎(内田朝陽)がホテルにやって来た。母親の違う兄弟とのことだが、2人の仲のよさには政子も美奈も感心するほどだった。

事件は、説明会の翌日に起きた。ホテルの近くにある観光スポット“地獄めぐり”のひとつ、“海地獄”で男性の撲殺死体が発見されたのだ。

新太郎と殿山警部(若林豪)の調べで、被害者は福岡在住のフリーライター・浜谷直樹(寿大聡)と判明する。第一の容疑者として挙がったのは、ほかでもない美奈だった…! 死体の近くに、美奈の根付が落ちていたのだ。

美奈は前夜の説明会の後、浜谷と会ったことを認めるが、その理由については固く口を閉ざす。事態を知った政子は、若おかみを辞めてもらうと宣言。美奈は仲居のひとりとして一から出直すことになってしまう。

実は、美奈が口を閉ざしたのは、かつてホテルの仲居として働いていた女性・水野塔子(中山忍)をかばってのことだったのだが…。

©テレビ朝日

そして、容疑者としてもうひとり浮上したのが、“クラシックステージ”社長の浩介だった。殺された浜谷は、浩介たちの会社を探っていたようで、さらに現場に落ちていた浜谷のバッグに浩介の指紋が残っていたのだ。

さっそく、浩介の事情聴取を行う新太郎たち。浩介は浜谷の死亡推定時刻、弟の浩二郎と共に杵築市まで母親の墓参りに行っていたと主張する。

そこへ乗り込んできた浩介の顧問弁護士を見て、新太郎は驚く。妹の由紀子(芳本美代子)だったからだ。由紀子は、任意を盾に聴取を中断させ、浩介をホテルに連れ帰る。そして浩介の無実は自分が証明すると、新太郎に告げるが…!?

©テレビ朝日

そんな折、政子の体調がすぐれず、ついに倒れてしまう。仲居・小百合(山村紅葉)たちの間では「もうすぐ美奈に実権を渡すのでは!?」ともっぱらの噂だったが、たとえ無実としても、美奈は殺人の容疑者に。

そこにきて、実の娘である由紀子が、仕事とはいえホテルに舞い戻ったということで、大おかみの“跡目争い”も混沌としていって…!?

※番組情報:日曜プライム『温泉若おかみの殺人推理30』
2019年3月3日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事