テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

糸村(上川隆也)VS天才指揮者(村上淳)―“連鶴”が明かす事件の真相<遺留捜査SP>

現場に残された遺留品に注目して事件を解決していく上川隆也主演のドラマ『遺留捜査』のスペシャルが、2月24日(日)に放送される。

©テレビ朝日

今回、糸村たち“京都府警 特別捜査対策室”のメンバーが挑むのは、華やかなクラシックコンサートの公演の陰で起きた殺人事件だ。

殺害された倉庫会社の社員のカバンの中には、鮮やかな“連鶴”が…。さらに、自宅からは1000万円以上の価値があるバイオリンと大粒のダイヤモンドが発見される。

その矢先、オーケストラに入団したばかりのバイオリニスト・深山絵里香(中村ゆりか)に脅迫状が届いていたことがわかる。糸村が連鶴から紐解いた、涙の真相とは…?

◆あらすじ

©テレビ朝日

世界的な指揮者・姫野剛志(村上淳)が結成したオーケストラのコンサート会場で、男性の遺体が発見された。被害者は、倉庫会社の社員・小野寺悠人(藤本隆宏)。コンサートが終了した直後、何者かに非常階段から突き落とされた上、消火器で頭部を殴られ殺害されたようだった。

奇しくも姫野と幼なじみの特別捜査対策室室長・桧山亘(段田安則)が来場していたこともあり、特対メンバーが急行。

臨場した糸村聡(上川隆也)は小野寺のカバンの中にあった、鮮やかな和紙で作られた折り鶴が気になる。それは1枚の折り紙で折られた大小の鶴がつながった、“連鶴”だった。小野寺は、なぜこんなものを持っていたのだろうか…。

©テレビ朝日

防犯カメラをチェックしたところ、小野寺は殺害される直前、ある男を見かけてあわてて姿を隠していたことが判明する。その男は、オーケストラを後援している貿易会社の会長・音坂史紀(西岡德馬)だった…。

さらに、意外な事実も発覚する! 小野寺の自宅を調べたところ、彼の部屋から1000万円以上の価値のあるバイオリンと大粒のダイヤモンドが見つかったのだ。暮らし向きには不釣り合いな、高級な所持品の数々に、糸村らは首をかしげる。

©テレビ朝日

その矢先、オーケストラに入団したばかりのバイオリニスト・深山絵里香(中村ゆりか)に「今すぐオーケストラを辞めろ」という脅迫状が届いていたことがわかる。

実は今、楽団内では絵里香を引き立てようとする姫野と、絵里香の演奏が気に入らないソリストの笹森愛子(遠山景織子)が激しく対立していたのだ。この脅迫状はオーケストラ関係者の仕業なのか、それとも小野寺が送ったのか…!?

謎が深まる中、新たな犠牲者が生まれ、事件は連続殺人に! 華やかなオーケストラ公演の裏で起きた殺人と謎のダイヤモンドの接点とは…!? そして糸村が連鶴から紐解いた、涙の真相とは…!?

※番組情報:日曜プライム遺留捜査スペシャル
2019年2月24日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事